(最終更新日:2019-04-05 19:23:05)
  ワタナベ タカシ   WATANABE, Takashi
  渡辺 崇史
健康科学部 福祉工学科
教授
■ 研究分野
リハビリテーション科学・福祉工学, 障害児者福祉 
■ キーワード
リハビリテーション工学, アシスティブテクノロジー, 支援技術, 福祉用具, 生活支援工学, ユーザーインタフェース, ヒューマンインタフェース, 障害学生支援, 相談援助, 適合支援 
■ 学歴
1987/03 名城大学 理工学部 卒業
2005/03 放送大学大学院 文化科学研究科 修了 修士(学術)
2013/09 立命館大学大学院 工学研究科 修了 博士(工学)
■ 職歴
2015/04~ 日本福祉大学 健康科学部 福祉工学科 教授
2008/04~2015/03 日本福祉大学 健康科学部 福祉工学科 准教授
2005/01~2008/03 日本福祉大学 福祉テクノロジーセンター 助教授
1997/04~2004/12 名古屋市総合リハビリテーション事業団(なごや福祉用具プラザ) リハビリテーション工学技師
1987/04~1997/03 ホシザキ電機(株)
■ 主な研究テーマ
機器操作用スイッチおよびインタフェースの研究 
福祉用具・生活支援機器の開発 
生活支援機器の相談・提供システム構築に関する実証的研究 
■ 業績(著書)
2015/12 福祉用具の保守と管理方法 福祉用具シリーズ 福祉用具利用施設で必要な保守・管理 20,13-15,-21-22頁 (共著)
2014/03 テクニカルエイド 生活の視点で役立つ選び方・使い方  350-354頁 (共著)
2009/01 ALSマニュアル決定版   (共著)
2007/07 社会福祉専門職論   (共著)
2006/08 福祉用具プランナーテキスト   (共著)
■ 業績(論文)
2019/03 非利き手でデジタル教科書を操作する場合の代替教科書としての有効性 神戸学院総合リハビリテーション研究 14(2),33-44頁 (共著)
2018/12 重度脳性麻痺がありスイッチのフィッティングが難しい ATAC2018 Proceedings 102-108頁 (単著)
2018/03 生活に寄り添う機器・道具 〜人とテクノロジーのより良い関係を考える〜 福祉介護機器テクノプラス 11(3),1-5頁 (単著)
2018/03 大学における印刷物障害学生への支援 ー英・米の現状と日本の課題ー 神戸学院総合リハビリテーション研究 13(2),13-24頁 (共著)
2015/09 Development of Communication Assistive Technology for Persons with Deaf-Blindness and Physical Limitation Assistive Technology: Studies in Health Technology and informatics 217,pp.974-979 (共著)
2015/09 Improving Assistive Technology Service by Using 3D Printing: Three Case Studies Assistive Technology: Studies in Health Technology and informatics 217,pp.1047-1052 (共著)
2015/03 肢体不自由児向け数式エディタlatexkbdの試作 日本福祉大学健康科学研究所 18(0),1-7頁 (共著)
2015/03 筆記が困難な子ども達における諸問題と代替手段の提案 日本福祉大学健康科学論集 18(0),69-79頁 (共著)
2014/11 立ち上がり・着座動作障害と環境整備 理学療法 31(11),1132-1140頁 (共著)
2013/12 肢体不自由者向けカーソル移動制御ソフトウェアの開発と実証評価 日本生活支援工学会誌 13(2),29-36頁 (共著)
2013/09 Application of Cursor Movement Control Software for People with Physical Disabilities: Two Case Studies Assistive Technology : From Research to Practice 33,pp.467-472 (共著)
2013/09 Development of a Handwritten Note-Taking System for the Support of Hard-of-Hearing Students Participation in Lectures Assistive Technology : From Research to Practice 33,pp.640-646 (共著)
2013/08 電動ベッド仰臥位姿勢環境における単指でのポインティングデバイス操作の特徴 ヒューマンインタフェース学会論文誌 15(3),73-82頁 (共著)
2012/11 肢体不自由者のポインティングデバイス操作におけるカーソル移動特性の推測 ヒューマンインタフェース学会論文誌 14(4),383-392頁 (共著)
2011/09 Development of Cursor Movement Control Software for People with Physical Disabilities Everyday Technology for Independence and Care 29,pp.432-439 (共著)
2009/12 在宅支援機器とテクノロジー Medical Rehabilitation (113),77-83頁 (単著)
2009/03 車いす対応洗面台の最適値-洗面実験による再評価 日本福祉大学健康科学論集 12,15-26頁 (共著)
2008/03 「相談事例に基づいた肢体不自由者向け操作スイッチ用汎用制御回路の設計」 日本福祉大学情報社会科学論集 第11巻,15-22頁 (単著)
2008/02 障害者と福祉用具 リハ工学が果たす役割について リハビリテーションエンジニアリング 23(1),30-36頁 (単著)
2007/09 肢体不自由のある子供の可能性を育むための支援技術 肢体不自由教育 (181),6-11頁 (単著)
全件表示(22件)
■ 業績(その他)
2018/03 ICTを利活用した喫茶サービスの学習でキャリア発達を促す 喫茶サービスキャリアマネジメントハンドブック    Link
2015/12 肢体不自由とパソコン・タブレット・スマホ ATAC2015 Proceedings 73-79頁 (単著)
2014/12 タブレット端末を利用した障がい児のコミュニケーション能力を拡大するための場の提供について ATAC2014 Proceedings 63-64頁 (共著)
2014/12 重度肢体不自由のある人のスイッチフィッティングの悩みに答えます ATAC2014 Proceedings 10-11頁 (単著)
2013/12 肢体不自由の人のパソコンやスマホ操作で注意すべきこと ATAC2013 Proceedings 32-33頁 (単著)
2012/12 デジタル図書からロボットまで ~教育・福祉を変えるこれからのテクノロジーの紹介~ ATAC2012 Proceedings 26-29頁 (共著)
2011/12 車いすの目利きを目指す - さまざまな車いすの見方・選び方・適合の基礎 ATAC2011 Proceeding 26-29頁 (単著)
2010/09 福祉用具プランナー管理指導者養成研修テキスト   
2008/12 重度障害者用意思伝達装置とスイッチ ATAC2008Proceeding 85-87頁 (単著)
■ 学会発表
2019/03/23 大学における印刷物障害学生への支援(その2)-オーストラリアの調査報告-(制御研究会)
2019/03/04 Training Programs and Workshops for Assistive Devices Provision Using Digital Fabrication(34th Annual Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity)
2018/08/29 デジタルファブリケーションを活用した協同型支援機器データベース構築への取組み(第33回リハ工学カンファレンス)
2018/08/29 多様なポインティングデバイス操作に対する肢体不自由者向けカーソル移動制御ソフトウェアの開発(第33回リハ工学カンファレンス)
2018/08/29 特別企画1パネルディスカッション「みんなが元気に働く社会に向けて〜障害者雇用と支援技術〜」エンジニアの立場から(特別企画1パネルディスカッション「みんなが元気に働く社会に向けて〜障害者雇用と支援技術〜」)
2018/07 Prototype of Collaborative Online Database for Digital Fabrication of Assistive Devices(12th International Convention on Rehabilitation Engineering and Assistive Technology)
2018/06/29 肢体不自由学生におけるデジタルデータおよびタブレット型端末利用の有用性に関する調査(全国高等教育障害学生支援協議会(AHEAD JAPAN)第4回大会)
2017/08/24 3Dプリンティング技術を用いた食事用自助具の試作(第32回リハ工学カンファレンス)
2017/08/23 カリフォルニア大学バークレー校での印刷物障害に対する支援(第32回リハ工学カンファレンス)
2015/11/14 3Dプリンターを活用した支援機器適合相談の有効性に関する事例研究(第30回リハ工学カンファレンス)
2015/11/13 肢体不自由を伴う盲ろう者に対するコミュニケーション支援機器の試作(第30回リハ工学カンファレンス)
2015/03 Development of a Handwritten Note-taking System for the Support of Hard of Hearing Students(30th Annual International Technology & Persons with Disabilities Conference)
2014/09/23 Assistive Device Application in Daily Life and Workplace in Japan(International Forum on Accessible Working Environments for People with Disabilities)
2014/08 Improvement of Cursor Movement Control Software with Estimate Function Corresponding to Individuals with Disabilities(i-CREATe2014)
2014/08 タブレット端末を利用したコミュニケーション活動の有用性について(第42回日本職業リハビリテーション学会 岩手大会)
2014/08 肢体不自由を伴う盲ろう者に対するコミュニケーション支援機器の試作(第29回リハ工学カンファレンス)
2014/08 筆記が困難な子どもたちのための数式エディタ試作と実用化に向けた検討(第29回リハ工学カンファレンス)
2013/08 技術サポートのためのポインティングデバイス操作の可視化(第28回リハ工学カンファレンス)
2012/08 多様な個別支援事例に基づくコミュニケーション機器操作方法の整理分析(第27回リハ工学カンファレンス)
2011/08 ポインティングデバイス操作におけるカーソル移動制御ソフトウェアの試作(第25回リハ工学カンファレンス)
全件表示(25件)
■ 所属学会
1997/04~ 日本リハビリテーション工学協会
2010/04~ ∟ コミュニケーションSIG代表
2004/04~ 日本職業リハビリテーション学会
2005/04~ 日本身体障害者補助犬学会
2002/04~ ヒューマンインタフェース学会
2012/04~ 日本生活支援工学会
2015/06~ 日本福祉のまちづくり学会
■ 社会における活動
2005/01~ (社福)名古屋市総合リハビリテーション事業団 なごや福祉用具プラザ嘱託相談員
2007/03~ DO-IT Japan アドバイザリーボード
2012/06~2013/03 文部科学省 障がいのある学生の修学支援に関する検討会委員
2018/10~ 東海市,福祉観光ウォーキング検討委員会 検討委員
2018/04~2019/03 愛知県教育委員会入院児童生徒等への教育保障体制整備事業運営協議会,委員長
2018/04~ 特別史跡名古屋城趾バリアフリー検討会議(名古屋市) 構成員
2017/03~ 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会,パソコンボランティア指導者養成事業運営委員会,運営委員
2015/03~ 一般社団法人全国高等学校障害学生支援協議会 理事
■ 競争的資金等の研究課題
2005/04~2008/03 実践的活動を通したアシスティブテクノロジー(支援技術)に関する機器および要素技術の研究 
2009/04~2011/03 重度肢体不自由者のためのポインティングデバイス制御の研究 
2012/06~2013/03 肢体不自由者向け数式エディタの開発 
■ 取得特許
携帯情報機器,その他制御プログラム及び制御プログラムの記録媒体(5205556)