(最終更新日:2019-04-21 00:44:26)
  オオタニ キョウコ   OTANI, Kyoko
  大谷 京子
社会福祉学部 社会福祉学科
教授
■ 研究分野
社会福祉学 
■ キーワード
ソーシャルワーク, 精神保健福祉, エンパワメント, ソーシャルワーク関係, アセスメント 
■ 学歴
1992/03 関西学院大学 社会学部 卒業
1994/03 関西学院大学大学院 社会学研究科 修了 修士(社会学)
2005/03 関西学院大学大学院 社会学研究科 単位取得満期退学
2012/03 関西学院大学大学院 人間福祉 修了 博士(人間福祉)
■ 職歴
1994/04~1998/03 医療法人清心会山本病院
1998/04~2003/03 医療法人清心会精神障害者地域生活支援センター「ちのくらぶ」
1997/04~2003/03 八尾柏原精神障害者福祉を考える市民の会役員
2006/04~2009/03 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 講師
2009/04~2018/03 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 准教授
2018/04~ 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授
■ 主な研究テーマ
ソーシャルワーカーの専門性 
ソーシャルワークアセスメント 
■ 業績(著書)
2019/04 『ソーシャルワーク論』   (共著)
2018/04 失敗ポイントから学ぶ PSWのソーシャルワークアセスメントスキル  19-131頁 (共著)
2018/03 社会福祉実践の理論と実際  94-106,139-153,184-198頁 (共著)
2012/03 『ソーシャルワーク関係-ソーシャルワーカーと精神障害当事者-』   (単著)
2005/05 『ソーシャルワークの固有性を問う-その日本的展開をめざして-』   (共著)
2004/11 『医療ソーシャルワーカーの仕事』   (共著)
2000/11 『医療ソーシャルワーカーの仕事』   (共著)
2000/04 『事例を通して学ぶスーパービジョン』   (共著)
■ 業績(論文)
2019/04 社会福祉の回顧と展望「原理論・方法論部門」 社会福祉研究 (134),103-107頁 (単著)
2018/07 包括的ソーシャルワークアセスメント : アセスメント概念の進化を踏まえて ソーシャルワーク研究 44(2),25-37頁 (単著)
2017/09 医療機関に勤務する精神保健福祉士の現状と多職種連携における課題 第2報―多職種と協働するための知識とスキルへの気づきを促す研修プログラム構築と評価― 精神保健福祉学 5(1),25-37頁 (共著)
2016/06 ソーシャルワークアセスメントスキル評価指標の開発-精神保健福祉士を調査協力者とする質問紙調査より- ソーシャルワーク学会誌 32,1-12頁 (単著)
2015/07 アセスメント面接に対するクライエント評価の探求-面接ロールプレイ分析- 精神保健福祉学 3(1),35-48頁 (単著)
2015/01 洋書掘り出しコーナー DePoy, Elizabeth & Gilson, Stephen (2014) Branding and designing disability: reconcepturalising disability studies, Routledge ソーシャルワーク研究 40(4),336-340頁 (単著)
2014/10 ソーシャルワークアセスメントスキル-面接ロールプレイを用いた質的分析- ソーシャルワーク研究 40(3),48-57頁 (単著)
2014/03 「ソーシャルワークにおけるアセスメント-認識とスキル-」 『日本福祉大学社会福祉論集』 (第130号),15-29頁 (単著)
2013/09 「ソーシャルワークにおけるアセスメント-研修プログラム開発の枠組み-」 『日本福祉大学社会福祉論集』 (第129号),1-13頁 (単著)
2012/06 「[シンポジウム]日本の精神保健福祉領域におけるソーシャルワーカーと精神障害当事者との関係性」 『医療社会福祉研究』 第20巻,27-31頁 (単著)
2012/02 (連載「リハビリテーション関係論への招待」8)「ソーシャルワーク関係論③-関係性と実践との関連」 『精神療法』 第38巻(第1号),101-110頁 (単著)
2011/12 (連載「リハビリテーション関係論への招待」7)「ソーシャルワーク関係論②-パートナーシップ-」 『精神療法』 第37巻(第6号),747-756頁 (単著)
2011/10 (連載「リハビリテーション関係論への招待」6)「ソーシャルワーク関係論①-関係性概念の変遷-」 『精神療法』 第37巻(第5号),617-626頁 (単著)
2010/11 「精神保健福祉領域における実践に影響するソーシャルワーカー-クライエント関係-項目反応理論を用いた量的調査-」 『精神障害とリハビリテーション』 第14巻(2号),172-180頁 (単著)
2010 「精神保健福祉士とクライエントとのソーシャルワーク関係」 『精神保健福祉』 第41巻(3号) (単著)
2010 「精神保健福祉領域におけるソーシャルワーカー-クライエント関係に関する実証研究-「ソーシャルワーカーの自己規定」,「対象者観」,「関係性」概念を用いて-」 『社会福祉学』 第51巻(3号),31-43頁 (単著)
2010 「精神保健福祉領域におけるワーカー-クライエント関係に影響する精神保健福祉士のアイデンティティと対象者観-項目反応理論による量的調査-」 『精神保健福祉』 41巻(2号),127-134頁 (単著)
2008/06 「職種の役割と他職種間連携」 『精神障害とリハビリテーション』 第12巻(第1号),34-39頁 (単著)
2007/12 「精神科ソーシャルワーカーの実践を支える要素-ベテランPSWのインタビュー調査より-」 『精神保健福祉』 38巻(4号),397-405頁 (単著)
2007/10 「精神科ソーシャルワーカーと精神障害当事者との関係性-ベテランPSWのインタビュー調査より-」 『関西学院大学社会学部紀要』 (103号),129-141頁 (単著)
全件表示(28件)
■ 業績(その他)
2019/01 スーパーバイザーのサポートシステム 精神保健福祉 50(1),46-46頁 (共著)
2018/02 『精神保健福祉に関する制度とサービス 第6版』  86-92頁 (共著)
2016/11 『スーパービジョン イン ソーシャルワーク 第5版』  214-263頁 (共著)
2014/02 『新・精神保健福祉士養成講座4 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ 第2版』  249-255頁 (共著)
2014/02 『新・精神保健福祉士養成講座6 精神保健福祉に関する制度とサービス』  78-84頁 (共著)
2012/12 『看護に必要な精神保健制度ガイド 第3版』  132-133頁 (共著)
2012/06 [学会企画シンポジウム エビデンス再考] Mixed-Methodによるソーシャルワーク研究   (単著)
2012/02 『新・精神保健福祉士養成講座4 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ』  234-240頁 (共著)
2012/02 『新・精神保健福祉士養成講座6 精神保健福祉に関する制度とサービス』  68-73頁 (共著)
2012/02 『精神保健福祉士シリーズ6 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ』  111-128頁 (共著)
2011/11 知多圏域障害者相談支援専門員スキルアップ研修講師   (単著)
2011/09 <シンポジスト>日本医療社会福祉学会第21回大会シンポジウム「実践知の集積と共有化」 医療社会福祉研究 20,27-31頁 (単著)
2011/03 地域見守り支援者全市研修会「実践記録の書き方」   (単著)
2011/02 愛知県社会福祉士会 障害者ケアマネジメント・ブラッシュアップ研修会「直伝!地域における精神障がい者支援」   (共著)
2010/11 北海道精神保健福祉士協会2010年度専門研修「精神保健福祉士の専門性」   (単著)
2010/09 日本精神保健福祉士協会2010年度基幹研修Ⅰ「記録の書き方」   (単著)
2010/07 大阪精神保健福祉士協会2010年度夏期研修プログラム「ソーシャルワーク関係」   (共著)
2009/02 『新・精神保健福祉士養成講座 4 精神保健福祉論』   (共著)
2008/12 平成20年度精神障害者社会復帰促進(地域生活支援)研修会講師   (単著)
2008/11 精神保健福祉研修会講師   (単著)
全件表示(25件)
■ 学会発表
2016/07/09 精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの役割認識の変遷-養成課程卒業後1年のPSWへのインタビュー調査-(日本ソーシャルワーク学会第33回大会)
2014/11 アセスメントプロセスに活用するスキルの検討―クライエントの主観に焦点を絞って―(日本社会福祉学会第62回秋季大会)
2014/06 ソーシャルワークアセスメントスキル―エキスパート面接ロールプレイからの抽出―(日本ソーシャルワーク学会第31回大会)
2012/10 「アセスメントプロセス解明のための探索的調査-初任者とエキスパートの比較-」(日本社会福祉学会全国大会)
2011/07 精神保健福祉領域のソーシャルワーク関係を予測する要因の実証研究
2010/10 精神保健福祉領域のソーシャルワーク関係に関する実証研究-「自己規定」「対象者観」「関係性」「実践行為」の関連-(日本社会福祉学会)
2010/06 精神保健福祉士とクライエントとのソーシャルワーク関係
2009/10 精神保健福祉士の実践評価指標開発のための基礎調査-「対象者観」「アイデンティティ」「関係性」が実践に及ぼす影響-
2009/06 精神保健福祉士と精神障害当事者との関係性評価尺度
2006/10 精神科ソーシャルワーカーの専門的価値-当事者からの期待と実践との一致
2006/07 The Professionalism of the Psychiatric Social Worker in Japan:Research based on Interviews with Expert PSWs (psychiatric social workers).(International Federation of Social Workers.)
2005/10 精神科ソーシャルワーカーの専門性-エキスパートPSWのインタビュー調査より-
2005/06 精神障害当事者とワーカーとのパートナーシップ-阻害要因と達成要因
2004/11 精神科病院職員の役割認識と対象者観-テキストマイニングによる分析-
2004/10 精神障害当事者から求められるPSW像-グループインタビュー調査結果より-
■ 所属学会
2002/04~ 日本精神保健福祉士協会
2003/04~ 精神障害リハビリテーション学会
2008/04~ 日本行動計量学会
2012/04~ 日本精神保健福祉学会
2002/04~ 日本社会福祉学会
2012/04~ 日本キリスト教社会福祉学会
2012/04~ 日本ソーシャルワーク学会
■ 受賞学術賞
2011/10 日本社会福祉学会 日本社会福祉学会学会賞 奨励賞(論文部門)
2013/06 日本ソーシャルワーク学会 日本ソーシャルワーク学会学術奨励賞
■ 講師・講演
2019/02 アセスメント(演習)
2018/11 支援者の立ち位置 利用者のかかわり(長野県松川町中央公民館えみりあ)
2018/11 リカバリーの視点で当事者支援を考える「ソーシャルワークアセスメント、相談支援の実際」(長崎県ルークプラザ)
2018/10 ソーシャルワークアセスメント(名古屋市社会福祉協議会社会福祉研修センター)
2018/02 更新スーパービジョン(集合研修方式)(東京)
2018/02 アセスメント(演習)
2017/09 ソーシャルワーカーのアセスメントの意味と価値(名古屋医療センター)
2017/09 ソーシャルワーカーのアセスメントの意味と価値―チーム医療に貢献できるアセスメント
2017/03 カデューシンのスーパービジョン3機能を中心に 教育的機能について(日本福祉大学名古屋キャンパス)
2017/03 支援者の立ち位置 利用者とのかかわり(名古屋支援事業所)
2017/02 アセスメント(演習)(大阪医療センター)
2017/01 アセスメント研修会(総合心療センターひなが)
2017/01 アセスメント力の向上を目指す
2016/02 PSWに必要なアセスメントスキルを学ぼう!(愛知県額田郡幸田町大字萩字遠峰10 天の丸)
2016/02 アセスメント(演習)(大阪社会福祉会館)
2016/01 制度を担う専門職:ソーシャルワーカー(東洋大学白山キャンパス)
2015/11 地域を支える相談支援~各職種における役割と可能性~(長野県松本文化会館)
2015/09 論文作成の作法:編集委員会からみた論文、投稿者からみた論文(久留米大学)
2014/11 「研究法の違いによる研究の可能性と限界~多様なアプローチを学ぶ〜」(早稲田大学)
■ 社会における活動
2008/12~2013/03 愛知県自立支援協議会 愛知県庁 相談支援体制整備部会委員
2009/04~ 知多圏域自立支援協議会 知多圏域自立支援協議会 圏域アドバイザー
2013/04~ 東海市 東海市 東海市男女共同参画審議会委員
2014/10~ 社会福祉法人名古屋市総合リハビリテーション事業団 評議員
■ 資格・免許
2014/04 認定社会福祉士制度経過措置期間におけるスーパーバイザー
2000/04/20 精神保健福祉士
1993/06/03 社会福祉士
■ 国際学術交流派遣
2006/07/30
2006/08/03
時期区分:第1次
International Federation of Social Workers
50周年世界大会
ミュンヘン(ドイツ)