(最終更新日:2019-05-23 17:23:16)
  ミヤケ ユウイチロウ   MIYAKE, Yuichiro
  三宅 裕一郎
子ども発達学部 子ども発達学科
教授
■ キーワード
憲法9条、 アメリカ憲法、安全保障法制、司法権、司法審査権 
■ 学歴
1995/03 法政大学 法学部法律学科 卒業 学士(法学)
1998/03 専修大学大学院 法学研究科 修了 修士(法学)
2005/03 専修大学大学院 法学研究科 修了 博士(法学)
■ 職歴
2008/10~2013/09 三重短期大学 法経科 准教授
2013/10~2018/03 三重短期大学 法経科 教授
2018/04~ 日本福祉大学 子ども発達学部 子ども発達学科 教授
■ 業績(著書)
2006/01 『国会議員による憲法訴訟の可能性ーアメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格法理の地平からー』   (単著)
2008/03 『初学者のための憲法学』  56-70,265-278頁 (共著)
2009/04 『リアル憲法学』  238-250頁 (共著)
2009/04 『平和と憲法の現在-軍事によらない平和の探求-』  131-152頁 (共著)
2010/12 『リアル憲法学(第2版)』  238-250頁 (共著)
2014/09 『判例ナビゲーション憲法』  4-7,10-11,14-17,22-23,28-33,38-39,46-47,50-51,54-55,66-67,72-73,86-87,110-111,124-125,130-136,148-154頁 (共著)
2016/10 『日米安保と戦争法に代わる選択肢-憲法を実現する平和の構想-』  133-163頁 (共著)
2017/09 『憲法の思想と発展-浦田一郎先生古稀記念-』  123-143頁 (共著)
2002/11 『有事法制のシナリオ』  75-86頁 (共著)
2016/01 『18歳からわかる平和と安全保障のえらび方』  71-77頁 (共著)
■ 業績(論文)
2000/03 Prize Casesによるアメリカ合衆国大統領の戦争権限の拡大ーその批判的検討と軍事に対する司法的統制に向けての一考察ー」 専修法研論集 (26),133-180頁 (単著)
2001/09 「アメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格と軍事に対する司法的統制(1)」 専修法研論集 (29),1-33頁 (単著)
2002/03 「アメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格と軍事に対する司法的統制(2)」 専修法研論集 (30),49-83頁 (単著)
2003/03 「アメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格と軍事に対する司法的統制(3)」 専修法研論集 (32),51-84頁 (単著)
2003/09 「アメリカ合衆国における連邦議会議員の原告適格と軍事に対する司法的統制(4・完)」 専修法研論集 (33),1-38頁 (単著)
2004/09 「日本における国会議員による憲法訴訟の可能性―アメリカ司法審査制の断章がもたらしたもの―」 専修法研論集 (35),1-36頁 (単著)
2010/05 「頭隠して尻隠さず?―憲法9条をめぐる民主党「改憲」構想の軌跡と狙い―」 日本の科学者 (509),316-321頁 (単著)
2011/04 「憲法九条をめぐる改憲論の現状」 法と民主主義 (457),64-67頁 (単著)
2014/09 「持続可能な社会に向けた『平和の構想』」 法の科学 (45),15-23頁 (単著)
2015/03 「アメリカ合衆国による『標的殺害(targeted killing)』をめぐる憲法問題・序説」 三重法経 (145),1-14頁 (単著)
2015/10 「憲法9条と安保関連法制の間の『切れ目』―一般市民生活に与える影響を中心に―」 中小商工業研究 (125),4-8頁 (単著)
2016/06 「『政治的中立性』という名の怪物―ある市議会からの『攻撃』を受けた、ある憲法研究者の『告発』―」 法と民主主義 (509),20-23頁 (単著)
2016/06 「緊急事態条項は『魔法の杖』か?」 法学セミナー (738),50-54頁 (単著)
2017/01 「安保法制後の憲法改正論が一般市民生活に与えるインパクト-緊急事態条項創設のねらいとはなにか-」 国民医療 (332),33-39頁 (単著)
2017/12 「トランプ政権と日米安保-アメリカにおける軍事に対する立憲的統制の可能性-」 日本の科学者  (単著)
■ 業績(その他)
2010/03 「非嫡出子の法定相続分と法の下の平等」 法学セミナー (664),130頁 (単著)
2010/05 「『国歌斉唱』不起立による教職員再雇用拒否と思想良心の自由」 法学セミナー (666),118頁 (単著)
2010/07 「インターネット上の表現行為による名誉毀損罪の成否と表現の自由」 法学セミナー (668),126頁 (単著)
2010/09 「国家公務員の政治的行為に対する規制と表現の自由―社会保険庁職員政党機関紙配布事件―」 法学セミナー (670),134頁 (単著)
2010/11 「国の保有する文書に対する国民の『知る権利』―沖縄返還『密約』文書開示請求訴訟―」 法学セミナー (672),120頁 (単著)
2011/01 「発声障害をもつ議員の参政権と自己決定権」 法学セミナー (674),124頁 (単著)
2011/03 「離婚後300日以内に出生した子の嫡出推定(300日問題)と法の下の平等」 法学セミナー (676),146頁 (単著)
2011/05 「参議院選挙における議員定数配分の不均衡(一票の較差)と法の下の平等」 法学セミナー (678),124頁 (単著)
2011/07 「『国歌斉唱』不起立を理由とする教職員への懲戒処分と思想良心の自由」 法学セミナー (680),148頁 (単著)
2011/10 「靖国神社による合祀と個人(遺族)の宗教上の人格権・政教分離原則」 法学セミナー (682),128頁 (単著)
2011/12 「国の保有する文書に対する国民の『知る権利』―沖縄返還『密約』文書開示請求訴訟控訴審判決―」 法学セミナー (684),126頁 (単著)
2012/02 「生活保護法に基づく永住的外国人への生存権保障」 法学セミナー (686),122頁 (単著)
2012/04 「絞首刑の合憲性」 法学セミナー (688),130頁 (単著)
2012/06 「非嫡出子の法定相続分に対する違憲決定」 法学セミナー (690),140頁 (単著)
2012/08 「『国歌斉唱』不起立への懲戒処分に対する裁量統制と思想良心の自由」 法学セミナー (692),126頁 (単著)
2012/10 「発声障害をもつ議員の発言方法を選択する自己決定権―中津川市議会『代読』拒否訴訟控訴審判決―」 法学セミナー (694),128頁 (単著)
2012/12 「女性の再婚禁止期間と法の下の平等」 法学セミナー (696),130頁 (単著)
2013/02 「国家公務員の政治的行為の禁止と表現の自由―国公法事件上告審判決―」 法学セミナー (698),130頁 (単著)
2013/05 「成年被後見人に対する選挙権制限の合憲性」 法学セミナー (701),114頁 (単著)
2013/08 「威力業務妨害罪と集団行動の自由」 法学セミナー (704),110頁 (単著)
全件表示(37件)
■ 所属学会
全国憲法研究会
憲法理論研究会
■ 委員会・協会等
2012/12~2014/12 津地方裁判所委員会 委員
2012/04~2016/07 名張市個人情報保護審査会 委員、会長
2012/04~2016/07 名張市情報公開審査会 委員、会長