photo
    (最終更新日:2017-04-28 17:50:27)
  ゴトウ スミエ   GOTO, Sumie
  後藤 澄江
社会福祉学部 社会福祉学科
教授
■ 研究分野
福祉社会学, 社会福祉学 
■ キーワード
ケア労働, 家族ソーシャルワーク, 子育て支援システム, 地域コミュニティの社会学, 地域福祉, 男女共同参画 
■ メールアドレス
kyoin_mail
■ 学歴
1976/03 東京大学 文学部 卒業 文学士(東京大学)
1988/03 名古屋大学大学院博士前期課程 文学研究科 修了 文学修士(名古屋大学)
1992/03 名古屋大学大学院博士後期課程 文学研究科 単位取得満期退学
2012/03 日本福祉大学 博士(社会福祉学)
■ 職歴
1976/04~1981/04 ㈱野村総合研究所員
1991/04~1991/09 英国ノッチンガム大学客員研究員
1991/10~1992/01 米国パデュー大学客員研究員
1992/04~1999/03 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 助教授
1999/04~ 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授
■ 学内役職・委員
2001/04/01~2003/03/31 日本福祉大学 入試部長
2005/04/01~2009/03/31 日本福祉大学 社会福祉学部長
2011/04/01~2017/03/31 日本福祉大学 大学院社会福祉学研究科長
■ 主な研究テーマ
条件不利家族に育つ子どもの実態調査 
困難を抱えた人びとを利用及び参画対象とした福祉NPO活動の資金源の実態と課題 
「ケア労働(生命再生産労働)」をめぐる理論枠組み再考-グローバル化と少子高齢化が進む中で- 
■ 業績(著書)
2016/03 『愛知県史 資料編36 現代』 (共著) Link
2013/07 『福祉社会学ハンドブック 現代を読み解く98の論点』 (共著)
2012/05 『ケア労働の配分と協働-高齢者介護と育児の福祉社会学-』 (単著)
2012/03 『「条件不利家族」を対象とした子育て支援ネットワークの類型化と評価指標の開発』 (共著)
2011/02 『家族/コミュニティの変貌と福祉社会の開発』 (共著)
2006/12 『福祉国家の形成・再編と社会福祉政策』 (共著)
2006/04 『現代の社会福祉入門』 (共著)
2003/12 "Building Local Democracy A Sociological Study of Community-Based Organization among Eleven Countries" (共著)
2002/01 『グローバリゼーションと家族・コミュニティ』 (共著)
2000/11 『世界の住民組織-アジアと欧米の国際比較』 (共著)
2000/09 『(家族社会学研究シリーズ4)教育期の子育てと親子関係』 (共著)
2000/03 『在宅福祉サービス体系における 「家族介護者」 の位置づけに関する実証的研究』 (共著)
1997/07 『現代家族と福祉』 (単著)
1997/02 『地方都市の再生』 (共著)
1996/03 『国際化のなかでの家族における人権尊重と情緒機能』 (共著)
1996/03 『地域社会を舞台とした福祉マンパワー組織づくりと女性労働の展望』 (共著)
1993/09 『高齢化と家族の社会学(21世紀の社会学シリーズ5)』 (共著)
1992/02 『時代の比較社会学』 (共著)
1990/11 『名古屋-第2世紀への出発』 (共著)
■ 業績(論文)
2015/06 「貧困の世代間連鎖を防ぐ方途」 (単著) Link
2015/03 「地域における意識と実態」 (単著) Link
2013/10 「『ケア労働の配分と協働:高齢者介護と育児の福祉社会学』の書評に応えて」 (単著)
2012/03 「変貌する日本の家族とコミュニティケア政策-高齢者介護の視点から-」 (単著)
2010/12 「地域と空港の対話と共生:中部地域のグローバル化への窓としてのセントレア」 (単著)
2010/04 「社会的孤立に着目した高齢期家族研究の課題」 (単著) Link
2003/03 「農山漁村におけるグリーン・ツーリズム=ジェンダー、エンパワーメント、パートナーシップの視点」 (単著) Link
2002/03 「成熟社会における人の交流とまちづくり」 (単著)
1997/08 「病院における 「付添」 と職業家政婦」 (共著)
1996/07 「米国の情報技術の進展とその社会的帰結」 (単著)
1996/07 「豊かな福祉社会をどう創るか-女性・家族・地域をキーワードとして-」 (単著)
1996/03 「子どもの社会化と現代家族」 (単著)
1993/03 「過疎山村における観光産業の振興と女性労働の展望」 (単著)
1993/03 「山間農業地域の活性化とグリーン・ツーリズム」 (単著)
1990/03 「『生命再生産労働』と女性ー『後期資本主義社会にけるフェミニズム』 (単著)
1990/01 「家事労働理論の統合への一試案-生命再生産労働の一特殊形態としての家事労働」 (単著)
1989/03 「高齢化社会の家族展望-家族の生命再生産機能と情緒機能の見地から-」 (単著)
■ 業績(その他)
2016/03 『リニア時代の名古屋の都市戦略』 (共著) Link
2015/06 『公益信託 愛・地球博開催地域社会貢献活動基金助成活動成果調査』 (共著) Link
2014/10 『提言書-地域委員会の新たなモデル実施(第2期モデル)検証結果報告-』 (共著)
2013/10 "Present situation and issues of NCs in Nagoya, Japan" (単著)
2013/10 『中間報告書-地域委員会の新たなモデル実施に係わる検証-』 (共著)
2012/08 "Some of My Impressions on Neighborhood Councils of Los Angeles " (単著) Link
■ 学会発表
2015/09 縮減社会における「地域創生」(日本計画行政学会全国大会シンポジウム「縮減社会の持続可能性」)
2011/11 変貌する日本の家族とコミュニティケア政策-高齢者介護の視点から-(日本福祉大学・延世大学 第6回日韓定期シンポジウム)
2010/05 都市部における子育て困難家庭の発見と支援-名古屋市での子育て支援ネットワークの調査から-(福祉社会学会第7回大会)
1989/10 現代日本における生命再生産労働に関する一考察-生命再生産に関するフェミニズム理論の新たな課題について(日本社会学会第62回大会)
■ 所属学会
1987/04~ 日本社会学会
1991/04~ 日本家族社会学会
1992/04~ 日本社会福祉学会
2003/04~ 福祉社会学会
2010/07~2011/06 ∟ 第1回学会賞選考委員長
2013/07~2015/06 ∟ 理事
2003/04~ 日本地域福祉学会
2008/04~ 東海社会学会
2010/07~2012/07 ∟ 研究企画委員長
2016/04~ ∟ 学会長
■ 受賞学術賞
2013/06 男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰
2009/10 地方教育行政功労者文部科学大臣表彰
2015/02 愛知県知事感謝状表彰(国土利用計画)
2015/09 東海財務局長感謝状(国有財産)
■ 講師・講演
2016/05 男女共同参画による「地域力」の向上~暮らしの環境改善のために~
2016/01 地域づくりの資金システムを考える
2015/03 希望ある暮らしの再生 ~子育て・介護をめぐる地域での助け合いの 可能性と課題~(安城市)
■ 社会における活動
2016/06~ 愛知県子どもの貧困対策検討会議座長
2015/07~ 日本生命総代候補者選考委員会委員
2015/04~2016/03 愛知県まち・ひと・しごと創生総合戦略推進会議座長
2014/10~ 名古屋市総合リハビリテーション事業団理事
2014/06~ 愛知県教育委員会 生涯学習審議会委員
2013/08~ 愛知県 子ども・子育て会議会長
2013/07~ 愛知県 社会福祉審議会委員
2013/06~ 愛知県史編さん委員会 特別調査執筆委員
2012/06~ 公益財団法人愛知県労働協会理事
2008/10~ 全国健康保険協会愛知支部評議会委員( 議長2010~)
2007/09~ 愛知県・名古屋市等公益信託愛・地球博開催地域社会貢献活動基金運営委員( 副委員長2013~)
2006/04~ あいち男女共同参画財団理事
2001/09~2009/09 名古屋市教育委員会教育委員 (教育委員長2004~2005および2008~2009)
■ 競争的資金等の研究課題
2013/04~2017/03 【科学研究費・代表】国際比較にもとづく「地域委員会」の大都市における社会的包摂への可能性と限界 
2009/04~2012/03 【科学研究費・代表】「条件不利家族」を対象とした子育て支援ネットワークの類型化と評価指標の開発 
2007/04~2008/03 【課題研究費・代表】介護労働の再配分からみた公と私をめぐる境界の変容 -日本とイギリスを対象として- 
1998/04~2000/03 【科学研究費・代表】在宅福祉サービス体系における「家族介護者」の位置づけに関する実証的研究 
1997/04~1999/03 【科学研究費・分担】グローバリぜーション下の産業変動と地域 
1995/08~1996/03 【日本証券奨学財団研究助成・代表】国際化のなかでの家族における人権尊重と情緒機能 
1995/04~1997/03 【科学研究費・分担】住民自治組織の比較研究 
1994/04~1996/03 【科学研究費・代表】地域社会を舞台とした地域マンパワー組織づくりと女性労働の展望 
■ 主要学科目
地域社会学、社会福祉専門演習Ⅰ・Ⅱ、ソーシャルワーク実習指導、福祉政策領域演習、修士論文指導、博士論文指導
■ ゼミナール
2014
家族の福祉機能の変容に対応した地域での福祉専門職と住民の連携