photo
    (最終更新日:2017-03-15 17:00:11)
  イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
■ 研究分野
循環薬理学、血管平滑筋の興奮収縮連関機構、内皮由来血管弛緩因子の病態生理, 血管炎症、動脈硬化、静脈グラフト、動脈グラフト, 糖尿病、内皮由来血管弛緩因子の機能変化 
■ キーワード
循環薬理学、平滑筋の興奮収縮連関機構、内皮由来弛緩因子、動脈硬化、糖尿病、静脈グラフト 
■ メールアドレス
kyoin_mail
■ 学歴
1975/03 熊本大学 薬学部 卒業
1977/03 熊本大学 薬学研究科 修了 修士
1983/03 九州大学 医学研究科 修了 医学博士(九州大学)
■ 職歴
1983/04~1989/03 九州大学 医学部 文部教官助手(薬理学)
1987/07~1989/07 米国マサチューセッツ大学医学部 生理学教室(F.S.Fay 教授) Post-doctoral fellow
1989/04~1994/03 九州大学 医学部 文部教官講師
1990/10~1990/11 米国マサチューセッツ大学 医学部生理学教室(F. S. Fay 教授) Research fellow
1994/04~1999/03 名古屋市立大学 医学部 教授(薬理学)
1999/04~2016/03 名古屋市立大学大学院 医学研究科 教授(薬理学分野)
2003/06~2015/06 ロマリンダ大学(米国カリフォルニア) 客員教授
2016/04~ 日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 招聘教授
■ 業績(著書)
2014/10 【四肢の循環不全と理学療法】末梢動脈の循環不全の病因・病態と医学的治療の概要 (共著)
2013/06 静脈グラフト狭窄とセロトニン. (共著)
2011/11 妊娠高血圧腎症(PE)における高血圧の発症機序と重症化決定因子 (共著)
2010/11 「薬が効かない」を科学する 硝酸薬耐性 (共著)
2007/05 【周産期からみた食育】栄養過多と周産期異常. (共著)
2006/07 【高血圧 最新の研究動向】基礎編 臓器障害発症因子 血管内皮機能障害 活性酸素種. (共著)
2005/04 妊娠中毒症から妊娠高血圧症候群へ-過去から未来へ-.日本妊娠高血圧学会(代表:中林正雄、佐藤和雄、江口勝人、日高敦夫)編 (共著)
2002/10 解明のための基礎知識:硝酸薬の作用機序."硝酸薬耐性Update" 伊藤猛雄、木之下雅彦編 (共著)
2002/10 耐性発現に関する最新の知見:抵抗血管の耐性におけるアンジオテンシンIIの役割."硝酸薬耐性Update" 伊藤猛雄、木之下雅彦編 (共著)
2002/10 耐性発現機序の研究の経緯."硝酸薬耐性Update" 伊藤猛雄、木之下雅彦編 (共著)
1999/05 "硝酸薬のすべて" 栗山煕、伊藤猛雄、木之下正彦編 (共著)
1999/05 交感神経作用薬."医学生のための薬理学" 中嶋敏勝、東野英明編 (共著)
1999/05 抗狭心症作用薬."医学生のための薬理学" 中嶋敏勝、東野英明編 (共著)
1997/09 "α交感神経受容体の分子治療学-遺伝子から機能へ-". 辻本豪三編 (共著)
1996/09 "Smooth Muscle Excitation" ed.by Bolton TB & Tomita T. (共著)
1995/12 "Regulation of the Contractile Cycle in Smooth Muscle" ed.by Nakano T & Hartshorne DJ. (共著)
1994/12 "Airways Smooth Muscle: Biochemical control of contraction and relaxation" ed.by Raebum D & Giembycz MA. (共著)
1994/12 "Pharmacology of Smooth Muscle" (Handbook of Experimental Pharmacology, vol. 111) ed.by Szekeres L & Papp JG. (共著)
1991/09 "Coronary circulation in physiological and pathophysiological states" ed.by Nakamura M & Vanhoutte PM (共著)
1991/05 平滑筋収縮弛緩と細胞内カルシウム動態. (共著)
全件表示(37件)
■ 業績(論文)
2016/05 Dipeptidyl peptidase 4 inhibitor reduces intimal hyperplasia in rabbit autologous jugular vein graft under poor distal runoff. (共著)
2015/11 Roles of canonical transient receptor potential 6 in basal [Ca2+]i regulation in pulmonary venous smooth muscle cells under chronic hypoxia-induced hypertension. (単著)
2015 New isoform of cardiac myosin light chain kinase and the role of cardiac myosin phosphorylation in alpha1-adrenoceptor mediated inotropic response. (共著)
2014/06 Aortic superoxide production at the early hyperglycemic stage in a rat type 2 diabetes model and the effects of pravastatin. (共著)
2014/02 Possible roles of 5-HT in vein graft failure due to intimal hyperplasia 5-HT, nitric oxide and vein graft. (共著)
2013/10 Acute effects of a sarin-like organophosphorus agent, bis(isopropyl methyl)phosphonate, on cardiovascular parameters in anaesthetized, artificially ventilated rats. (共著)
2012/12 Ezetimibe reduces intimal hyperplasia in rabbit jugular vein graft. (共著)
2012/10 Characteristics of ACh-induced hyperpolarization and relaxation in rabbit jugular vein. (共著)
2012/06 Characteristics of the actions by which 5-hydroxytryptamine affects electrical and mechanical activities in rabbit jugular vein graft. (共著)
2011/10 Characteristics of the actions by which 5-HT affects electrical and mechanical activities in rabbit jugular vein. (共著)
2010/06 Randomized controlled trial of the effect of short-term coadministration of methylcobalamin and folate on serum ADMA concentration in patients receiving long-term hemodialysis. (共著)
2010/06 糖尿病の運動療法と薬物療法. (共著)
2010/05 アンギオテンシンIIによる抵抗血管のトーヌス調節機構. (共著)
2010/04 硝酸薬耐性と内皮機能障害. (単著)
2010/03 周産期 妊娠高血圧症候群 発症予知・予防は可能か. (共著)
2010/01 Overexpression of myosin phosphatase reduces Ca2+ sensitivity of contraction and impairs cardiac function. (共著)
2009/12 妊娠高血圧 葉酸+L-アルギニンサプリメントは妊娠高血圧腎症の発症予防に有効か? (共著)
2009/12 妊娠高血圧腎症の血管内皮機能障害に対する葉酸ならびにL-アルギニンの改善効果の基礎的・臨床的検討. (共著)
2009/09 Characteristic changes in coronary artery at the early hyperglycaemic stage in a rat type 2 diabetes model and the effects of pravastatin. (共著)
2009/09 Chronic treatment of hydroxytryptamine type 2A receptor antagonist sarpogrelate hydrochloride modulates the vasoreactivity of serotonin in experimental rabbit vein grafts. (共著)
全件表示(170件)
■ 学会発表
2016/05/29 膝窩動脈と膝窩静脈平滑筋収縮におけるL-type Ca2+ channelsの役割は相違する(第51回日本理学療法学術大会)
2016/03 ウサギ自家動脈グラフトと静脈グラフトの内皮機能変化(第89回日本薬理学会年会)
2015/08 ビルダグリプチンはM1マクロファージの集積抑制により静脈グラフトの内膜肥厚を抑制する(第56回日本平滑筋学会)
2015/08 ラット膝窩動脈と膝窩静脈では血管弛緩反応が異なっている(第56回日本平滑筋学会)
2015/05 2型糖尿病ラットの膝窩静脈ではα1受容体の収縮機能が減弱する(第50回理学療法学術大会)
2015/04 静脈グラフトに対するビルダグリプチンの効果(第115回日本外科学会定期学術集会)
2015/03 ウサギ静脈グラフト血管の内皮依存性弛緩反応に対するビルダグリプチンの作用(第88回日本薬理学会年会)
2015/03 シンポジウム 閉塞性動脈硬化症の治療に関する最近の進歩  静脈グラフトと内皮機能(第88回日本薬理学会年会)
2015/02 DPP-4阻害薬ビルダグリプチンはウサギ静脈グラフトの内皮機能を改善する(第44回日本心脈管作動物質学会)
2014/08 α1受容体活性化による収縮に関与する受容体サブタイプはラット膝窩動脈と膝窩静脈で異なる(第56回日本平滑筋学会)
2014/04 ラット腓腹および前脛骨動脈でのα2-アドレリン受容体によるノルアドレナリンの収縮制御(第49回日本理学療法学術大会 横浜)
2014/04 α1受容体活性化による収縮に関与する受容体サブタイプはラットの膝窩動脈と膝窩静脈で異なっている(第49回日本理学療法学術大会 横浜)
2014/03 OLETF ratの膝下動脈内皮からの自発性NO遊離に対するテネリグリプチンの効果(第87回日本薬理学会年会)
2013/11 Cardiac myosin regulatory light chain phosphorylation regulates inotropic response against alpha1- adrenergic stimulation(American Heart Association (2013 Dallas Heart Walk))
2013/08 ラット膝窩動脈と膝窩静脈におけるノルアドレナリン収縮に関与するアドレナリン受容体の特徴(第55回日本平滑筋学会)
2013/07 ウサギ外頚静脈のアセチルコリンによる内皮依存性弛緩反応の特徴(第123回日本薬理学会近畿部会)
2013/07 ラット膝窩動脈と静脈のノルアドレナリンによる収縮調節に関与するβアドレナリン受容体サブタイプ(第123回日本薬理学会近畿部会)
2013/05 ラット後肢の赤筋および白筋の供給動脈におけるアドレナリン受容体の特徴(第48回日本理学療法学術大会)
2013/05 膝窩動脈および膝窩静脈におけるアドレナリンサブタイプ受容体の特徴(第48回日本理学療法学術大会)
2013/03 ウサギ外頸静脈におけるアセチルコリンによる内皮依存性弛緩反応(第86回日本薬理学会年会)
全件表示(126件)
■ 所属学会
2000/01~2016/03 日本NO学会
2000/01~ 日本平滑筋学会
1994/01~2016/03 日本心脈管作動物資学会
1989/01~ 日本薬理学会
■ 受賞学術賞
1990/03 日本薬理学会学術奨励賞
■ 講師・講演
2017/09 循環系調節薬物の作用機序とリハビリテーション(名古屋市)
■ 社会における活動
2008/04~ 愛知県医師会治療審査委員会 委員
■ 競争的資金等の研究課題
1994/04~1995/03 アゴニストによる血管平滑筋収縮蛋白系のCa2+感受性増加機構に関する薬理学的研究 
1995/04~1996/03 血管平滑筋Ca2+感受性増加機構の分子薬理学的研究 
1999/04~2000/03 循環機能異常と活性酸素の役割に関する病態生理学的及び分子薬理学的研究 
2000/04~2001/03 NOの耐性に関与する新しい調節機序の解明に関する分子薬理学的研究 
2002/04~2003/03 アンギオテンシン阻害薬による新しい血管弛緩機序の解明に関する分子薬理学的研究 
2002/04~2003/03 妊娠中毒症の内皮機能異常に関与する活性酸素種の新しい役割に関する研究 
2003/04~2004/03 NO耐性の新しい発生機序(活性酸素の役割)に関する分子薬理学的研究 
2004/04~2005/03 動物モデルおよび妊婦大網低抗血管を用いた妊娠中毒症の内皮機能異常に関する研究 
2006/04~2007/03 妊娠高血圧症候群予防・治療にむけての妊婦の適切な栄養管理に関する総合的研究 
2008/04~2010/03 妊娠高血圧症候群の血管内皮機能障害改善に向けての栄養管理に関する総合的研究 
2011/04~2013/03 妊娠高血圧症候群の血管内皮機能障害の臨床現場での適切な評価とその治療に関する研究 
2013/04~2016/03 血管内膜肥厚の成因とその制御-EDHFをターゲットとした新しい探索研究- 
2013/04~ 内皮由来膜過分極因子を標的とした血管内膜肥厚抑制のための探索研究 
■ 科研費研究者番号
70159888