(最終更新日:2016-11-09 11:37:22)
  ヤマグチ サトコ   YAMAGUCHI, Satoko
  山口 智子
子ども発達学部 心理臨床学科
教授
■ 研究分野
臨床心理学 
■ キーワード
語り(ナラティブ), 高齢者, 産業心理臨床, 回想法, 質的研究 
■ 学歴
1999/03 名古屋大学大学院 教育学研究科 単位取得満期退学
2002/10 名古屋大学 博士(教育学)
■ 主な研究テーマ
質的研究 
人生の語り 
コミュニティにおける心理臨床(学生相談、産業心理臨床) 
高齢者の回想 
■ 業績(著書)
2017/03 『心理学概論』 (共著)
2017/03 『老いのこころと寄り添うこころ―介護職・対人援助職のための心理学 改訂坂』 (共著)
2016/05 『心の専門家養成講座第8巻産業心理臨床実践』 (共著)
2015/03 『臨床ナラティヴアプローチ』 (共著)
2014/12 『問いからはじめる発達心理学-生涯にわたる育ちの科学』 (共著)
2014/10 『働く人びとのこころとケア-介護職・対人援助職のための心理学』 (共著)
2012/09 『老いのこころと寄り添うこころ』 (共著)
2008/10 『自己心理学1 自己心理学研究の歴史と方法』 (共著)
2008/01 『ナラティブと心理療法』 (共著)
2007/07 『はじめての質的研究-事例から学ぶ(生涯発達編)』 (共著)
2006/05 『産業心理臨床入門』 (共著)
2004/02 『人生の語りの発達臨床心理』 (単著)
2004/01 犯罪被害者援助の現状と展望 (単著)
2003/06 『21世紀の心理臨床』 (共著)
■ 業績(論文)
2013/08 「キャリアデザインとメンタルヘルス」 (単著)
2013/01 「回想法:技法からコミュニケーションの回復へ」 (単著)
2010/03 「高齢者のライフレビューに関する研究と実践-語りを理解する2つの視点と日常場面への展開-」 (単著)
2008/12 「祖父母と孫の回想法の開発と効果の検討」 (単著)
2006/05 「研究としてのライフストーリー法」 (単著)
2006/03 「祖父母との世代間交流と自我同一性基本的信頼感の関連」 (単著)
2006/03 <研究ノート>「回想法の展開:祖父母と孫の世代間交流」 (単著)
2005/03 「高齢者の自己語りによる世代間交流が高齢者・青年に及ぼす影響」 (単著)
2003/12 日本応用心理学会公開シンポジウム講演記録「人と関わることの大切さ再考-気になる子、気になる親の出現を考える-」 (共著)
2003/07 「高齢者の人生の語りにおける類型化の試み」 (単著)
2003/04 「人生の語りに関する概念構成モデルの構築とアイデンティティ」 (単著)
2002/10 「人生の語りに関する発達臨床心理学的研究」(名古屋大学教育学研究科博士論文:未公刊) (単著)
2002/08 「名古屋大学における不登校の現状と対応」 (共著)
2002/03 「人生の語りにおける語りの変容について」 (単著)
2001/03 「時間的・空間的特性を活かした学生相談の工夫」 (単著)
2000/11 「自己の物語を模索する女子学生との面接過程」 (単著)
2000/03 「卒業期に来談した女子学生との面接過程」 (単著)
■ 業績(その他)
2015/07 <書評>吉田三紀編著『こころと医療をつなぐ―病いとともに生きることを支えるアプローチ』 (単著)
2015/03 「高齢者の語りからみた人生の展開」 (単著)
2014/12 小坂論文へのコメント (単著)
2013/03 <書評>「喪失の多様性を巡って」 (単著)
2012/03 <書評>BOOK REVIEWⅡ 内山節著「怯えの時代」(新潮社,2009年) (単著)
2010/03 <小講演記録>「高齢者のライフレヴュウの語りと心理臨床」 (単著)
2008/03 文部科学省科学研究補助金報告書:世代間交流を促す「祖父母と孫の回想法」の開発-祖父母の自己語りと自我同一性の関連- (単著)
2008/03 文部科学省科学研究補助金報告書:物語知の臨床実践へのフィールド的基礎研究 (共著)
2008/02 やる気がでる上司のことばと、雪だるま (単著)
2007/06 語り研究とライフコース研究の難しさ・おもしろさ (単著)
2006/11 「「祖父母と孫が行う回想法」の開発と効果の検討-祖父母および孫の自我同一性に与える影響に着目して」 (単著)
2005/01 臨床と研究のジレンマ (単著)
2000/06 犯罪被害者と支援 (単著)
■ 学会発表
2015/10/04 語り直しの心理学-その様相と機能の探求-(日本質的心理学会第12回大会)
2011/11 「社会に開くナラティヴ-戦争と原爆の体験を聞く・語り継ぐ」ラウンドテーブル(日本質的心理学会第10回大会)
2011/09 「ナラティヴ・ベイズド・リサーチの可能性」ラウンドテーブル(日本心理学会)
2011/09 「ナラティヴアプローチから心理療法へ」ラウンドテーブル(日本心理臨床学会第30回大会)
2011/03 DV相談における支援者の「語り」:過酷な体験の語りを聴くことによる心理的影響(日本発達心理学会第22回大会)
2010/03 「犯罪被害者の語りの力:インタビューをしないという選択」ラウンドテーブル「過酷な体験の語りの聴き手/研究者であること」(日本発達心理学会第21回大会)
2008/09 祖父母と孫の回想法における効果の検討(日本心理学会第72回大会)
2008/03 「質的心理学におけるナラティブ分析の方法」ラウンドテーブル(日本発達心理学会第19回大会)
2006/03 祖父母との世代間交流と自我同一性基本的信頼感の関連(日本発達心理学会第17回大会)
2005/09 高齢者における回想研究(3)回想の機能的側面について(日本心理学会第69回大会(2005.9.10-12))
2005/05 個別相談から世代間交流を促す教育プログラムへ(日本学生相談学会第10回大会)
2005/03 語りから探る人生移行の意味づけ(日本発達心理学会第16回大会ラウンドテーブル(2005.3.27-29))
2005/03 祖父母の自己語りが祖父母・孫に及ぼす影響(日本発達心理学会第16回大会ポスター発表(2005.3.27-29))
2004/09 心理臨床の場をどう記述するか(日本心理臨床学会第23回大会自主シンポジウム(2004.9.8-11))
2004/03 自己語りにおける他者としてのセラピスト(日本発達心理学会第15回大会(2004.3.21-23))
2003/09 不安にかられる大人と自己肯定感の欠如に苦しむ子どもたち-自己の物語を模索する学生との面接過程から-(日本応用心理学会第70回大会(2003.9.4-6))
2002/11 企業のリストラ施策実施時における従業員のメンタルヘルスに関する研究 1(経営行動科学学会第5回年次大会)
2002/11 企業のリストラ施策実施時における従業員のメンタルヘルスに関する研究 2(経営行動科学学会第5回年次大会)
2002/08 傷つき体験の語りなおしに立ち会う(京都大学カウンセリングセンターシンポジウム)
2002/05 Life Story Drawingの試み(日本学生相談学会第20回大会)
全件表示(24件)
■ 所属学会
1996/04~ 日本発達心理学会
1996/04~ 日本心理学会
1982/04~ 日本心理臨床学会
2004/04~ 日本質的心理学会
1990/04~2013/03 日本精神分析学会
2000/04~ 日本学生相談学会
2003/04~ 日本応用心理学会
■ 社会における活動
2005/04~2007/03 日本発達心理学会 編集委員
2000/04~2014/05 社団法人被害者サポートセンターあいち 理事
2000/04~2006/03 愛知県臨床心理士会 理事
2009/04~2011/03 日本発達心理学会 編集委員
2011/04~2014/03 日本質的心理学会 『質的心理学研究』編集委員,同副編集委員長2013~2014
2013/04~ 知立市子どもの権利擁護委員会 委員
2013/04~ 愛知県精神保健福祉協会 理事
■ 競争的資金等の研究課題
2004/04~2005/03 「祖父母と孫が行う回想法」の開発と効果の検討 
2005/04~2008/03 世代間交流を促す「祖父母と孫の回想法」の開発:祖父母の自己語りと自我同一性の関連 
2008/04~2013/03 過酷な体験の語りを聴くことが支援者/研究者に与える心理的影響 
■ 資格・免許
臨床心理士