(最終更新日:2015-07-16 21:38:37)
  ウエダ カズヒロ   UEDA, Kazuhiro
  上田 和宏
経済学部 経済学科
教授
■ 研究分野
理論経済学 
■ キーワード
不平等尺度, 貧困尺度 
■ 学歴
1982/03 京都大学 経済学部 卒業
1984/03 神戸大学 経済学修士(神戸大学)
1987/12 神戸大学大学院 経済学研究科 単位取得満期退学
■ 職歴
1988/01~1991/03 岩手大学人文社会科学部講師
1991/04~2006/03 日本福祉大学 経済学部 経済学科 助教授
2006/04~ 日本福祉大学 経済学部 経済学科 教授
■ 主な研究テーマ
労働の満足度に関する実証研究 
主観的幸福に関する実証分析 
■ 業績(著書)
2010/12 『1からの経済学』 (共著)
2001/04 『経済学』 (共著)
1990/04 『はん習統計学』 (共著)
■ 業績(論文)
2016/12 Multidimensional inequality for current status of Japanese private companies’  employees (共著)
2016/09 働く有配偶女性の生活時間の分析: 部分効果の計測 (共著)
2016/03 Analysis of Job Satisfaction: The Case of Japanese Private Companies (共著)
2015/08 有配偶女性の生活時間の分析 (共著)
2014/09 “Self-Assessed Social Position and Poverty” (共著)
2011/10 “Measuring inequality of subjective well-being: A Bayesian approach” (共著)
2011/04 「生活満足度の階層移動について」 (共著)
2009/03 「個票データを用いた家計の貧困の計測」 (共著)
2008/08 “Estimation of Engel Curve from survey data with zero expenditures” (共著)
2007/11 “Measuring chronic and transient components of poverty: a Bayesian approach” (共著)
2007/07 「家計の貧困状況の推移について」 (共著)
2005/08 「貧困尺度の理論的基礎について-アンケート調査による分析-」 (共著)
2004/08 「不平等尺度と不平等感-アンケート調査による検証-」 (共著)
2004/03 「8章 直接投資と相対賃金との関係についての考察:Dasモデルをもとにして」 (単著)
2002/01 「所得不平等尺度に関する理論の基礎について-アンケート調査を用いた検討-」 (共著)
2000/02 「管理職の行動を考慮に入れた賃金決定モデルについて」 (共著)
1999/02 「輸出と海外生産を行う独占企業の行動」 (共著)
1994/10 「岐阜アパレル産業に関する若干の考察」 (単著)
1993/08 「経済成長の国際的連関」 (単著)
1992/07 「アパレル産業の海外展開(岐阜アパレル産業を中心として)」 (単著)
全件表示(23件)
■ 学会発表
2002/12 Measuring Chronic and Transient Components of Poverty : A Bayesian Approach
1989/09 金本位制の持続性に関して(貨幣賃金率と金平価の変更が及ぼす効果)
■ 所属学会
1988/04 経済統計学会
1988/04 日本統計学会
1984/04 日本経済学会