photo
    (最終更新日:2017-02-28 10:26:30)
  オグニ カズコ   OGUNI, Kazuko
  小國 和子
国際福祉開発学部 国際福祉開発学科
准教授
■ 研究分野
文化人類学・民俗学, インドネシア地域研究 
■ キーワード
開発人類学, 農村開発, 生活改善, フィールドワーク, アクター・アプローチ, インドネシア, 東南アジア, 日本農村 
■ 学歴
1993/03 千葉大学 文学部 卒業
2003/03 千葉大学大学院 人文社会科学研究科 修了 博士(学術)
■ 職歴
1993/07~1994/03 国際開発センター調査部
1994/12~1996/12 青年海外協力隊派遣(インドネシア)
1998/05~2000/02 青年海外協力隊農村開発プロジェクト派遣(プロジェクトコーディネーター)
2003/04~2003/09 福井県医師会看護師専門学校講師
2003/09~2006/03 国際協力機構専門家としてカンボジア派遣(農民組織・参加型開発)
2006/04~2008/03 日本福祉大学大学院国際社会開発研究科非常勤講師
2007/04~ 東京大学大学院新領域創成研究科 非常勤講師
■ 業績(著書)
2017/03 『地域共生の開発福祉―制度アプローチを越えて-』 (共著)
2016/03 「水管理を巡る人々の価値の行方」 窪田順平編『水を分かつ 地域の未来可能性の共創』 (共著)
2015/10 「共感と合理―南スラウェシ農村の灌漑管理における水番マンドロ・ジェネの事例より」『実践と感情:開発人類学の新展開』 (共著)
2013/03 『福祉社会の開発-場の形成と支援ワーク-』 (共著)
2011/05 『フィールドワーカーズ・ハンドブック』 (共著)
2011/05 『開発援助と人類学~冷戦・蜜月・パートナーシップ』 (共著)
2011/04 『支援のフィールドワーク:開発と福祉の現場から』 (共著)
2010/03 『クロスロード増刊号2010 途上国ニッポンの知恵』 (共著)
2008/03 『研究叢書569 開発と農村 農村開発論再考』 (共著)
2007/04 『テキスト社会開発 貧困削減への新たな道筋』 (共著)
2005/09 『シリーズ国際開発第3巻:生活と開発』 (共著)
2005/03 『援助とエンパワーメント』 (共著)
2004/04 『援助と住民組織化』 (共著)
2003/10 『研究双書533:インドネシアの地方分権化』 (共著)
2003/09 『村落開発支援は誰のためか』 (単著)
■ 業績(論文)
2008/12 「開発実践のフィールドワーク」 (単著)
2008/04 「農村開発フィールドワークと援助」 (単著)
1999/12 「村落開発実践の民族誌」 (共著)
■ 業績(その他)
2003/01 <翻訳>『インドネシア改革闘争記』(セロ・スマルジャン編) (共著)
2000/05 <翻訳>『インドネシア農村社会の変容』(セロ・スマルジャン他著) (共著)
■ 学会発表
2015/11 「考え(続け)る農民」アプローチで 生産と福祉をつなぐ -カンボジアと高知県中山間地域の事例から-(国際開発学会第26回全国大会)
2014/11 アクション・リサーチを通じた相互作用機会の創出-農民による地域固有の持続的灌漑管理実現に向けて-
2013/11 共感と合理-南スラウェシ農村の灌漑管理における水追人マンドロ・ジェネの事例より-
2013/06 手段として/目的としてのフィールドワークにおける応答性
2011/11 「顔の見えるストーリー」を活かす:トラキ/ブギス混住農村における共同調査の事例より(国際開発学会)
2011/06 支援事業を日常的実践に近づける:カンボジアにおける農村開発現場の事例から(国際開発学会)
2010/12 農村開発支援のフィールドワーク-長期的視点から支援のインパクトを描く-
2009/06 開発実践のフィールドワーク(日本大学生物資源科学部国際地域開発学科内実行委員会事務局)
2007/05 農村開発エスノグラフィー(日本文化人類学会)
2006/11 農村社会の「よりよい生活」に向かう援助とは:カンボジアにおけるエントリー活動の試み(国際開発学会)
2002/11 「成功」の創り手は誰か?プロジェクトエスノグラフィー再考(国際開発学会)
2002/06 村落開発支援のダイナミクス:インドネシアの住民参加型開発事業の事例を中心に(日本民族学会(現文化人類学会))
2000/06 協力隊プロジェクトの評価とアクターの戦略(国際開発学会)
■ 所属学会
2000/04 国際開発学会
1994/04 日本文化人類学会
■ 受賞学術賞
2004/11 国際開発学会 奨励賞
■ 社会における活動
2014/11~2017/10 国際開発学会 常任理事
2015/01~ 耕志の会 アドバイザー
■ 競争的資金等の研究課題
2015/04~2018/03 開発協力・研究に資する日本の生活改善経験に関する資料、応用事例の収集と体系化(国際開発学会) 
2016/04~2021/03 応答の人類学:フィールド、ホーム、エデュケーションにおける学理と技法の探求(科研 基盤A) 
2016/09~2017/03 水ガバナンスへのインタラクティブ・アプローチ:アジアの事例研究 (アジア経済研究所) 
■ ゼミナール
2014
農村・コミュニティ・多文化共生