(最終更新日:2015-07-27 10:18:45)
  オカザキ ユタカ   OKAZAKI, Yutaka
  岡﨑 浩
社会福祉学部 社会福祉学科
教授
■ 研究分野
ヨーロッパ語系文学 
■ キーワード
ソール・ベロー 
■ 学歴
1991/03 中央大学 文学部 卒業
1993/03 中央大学大学院 文学研究科 修了 修士(文学)
1996/03 中央大学大学院 文学研究科
■ 職歴
1995/04~1998/03 千葉大学非常勤講師
1996/04~1998/03 中央大学非常勤講師
1996/04~1998/03 明治大学非常勤講師
1996/04~1998/03 法政大学非常勤講師
■ 主な研究テーマ
ソール・ベロー 
■ 業績(著書)
2014/03 『いま読み直すアメリカ自然主義文学 視線と探究』 (共著)
2010/12 『文学・労働・アメリカ』 (共著)
2008/01 『ウィリアム・スタイロンの世界』 (共著)
2007/03 『問い直す異文化理解』 (共著)
2002/01 『 『アメリカの悲劇』 の現在』 (共著)
1999/03 『読み解かれる異文化』 (共著)
■ 業績(論文)
2012/12 「「成功の夢」悲劇の書き換え-『オーギー・マーチの冒険』第12章を読む-」 (単著)
2009/07 「悲劇的共同体とその悲劇-アーサー・ミラーの『みんな我が息子』を読む-」 (単著)
2009/03 「残滓と肯定-『宙ぶらりんの男』論-」 (単著)
2008/03 「ソール・ベローの『宙ぶらりんの男』と気力の喪失」 (単著)
2006/02 「『ロング・マーチ』に見られる軍隊批判と軍隊受容」 (単著)
2004/12 「ソール・ベローとアメリカ帝国」 (単著)
1999/08 「断片化された過去-Saul Bellow の“Leaving the Yellow House”について」 (単著)
■ 業績(その他)
2011/07 <大会シンポジウム>「エドガー・アラン・ポー短篇研究」記録 (単著)
■ 学会発表
2014/10/18 撹乱する象徴――Saul Bellowの〝Looking for Mr. Green"を読む(日本英文学会中部支部第66回大会)
2008/09 マルクス主義への幻滅とその後-『宙ぶらりんの男』について(第20回日本ソール・ベロー協会大会)
2004/06/06 ソール・ベローとアメリカの現実(アメリカ学会第38回年次大会部会B「文学とアメリカ帝国」)
2001/08/25 『雨の王ヘンダソン』とアメリカ帝国主義(新英米文学会第32回大会)
■ 所属学会
1996/04~ 日本英文学会
1995/04~ 中央英米文学会
1994/04~ 新英米文学会
2003 アメリカ学会
2001 日本ソール・ベロー協会