(最終更新日:2017-06-21 11:48:34)
  カワダ ミノル   KAWADA, Minoru
  川田 稔
子ども発達学部 子ども発達学科
教授
■ 研究分野
思想史, 政治学 
■ キーワード
柳田国男, 原敬, 浜口雄幸, 政治構想, 政党政治,  
■ 学歴
1971/03 岡山大学 法文学部 卒業
1987/03 名古屋大学 法学博士(名古屋大学)
1978/03 名古屋大学大学院 法学研究科 単位取得満期退学
■ 職歴
1978/04~1980/03 名古屋大学法学部助手
1980/04~1989/03 日本福祉大学経済学部講師
1989/04~1990/03 日本福祉大学社会福祉学部助教授
1990/04~1996/03 日本福祉大学社会福祉学部教授
1996/04~2001/03 名古屋大学情報文化学部教授・同大学院人間情報学研究科教授併任
2001/04~2012/03 名古屋大学大学院環境学研究科教授
2008/04~2010/03 名古屋大学大学院環境学研究科副研究科長
2009/04~2010/03 名古屋大学研究教育評議会評議員
1999/09~2000/03 北京日本学研究センター客員教授
2012/04~ 名古屋大学名誉教授
■ 主な研究テーマ
両大戦間期日本の政治外交・政治思想の研究 
日本近現代史の研究 
柳田国男の学問と思想の研究 
■ 業績(著書)
2016/11 『柳田国男-知と社会構想の全貌』 (単著)
2016/04 『石原莞爾の世界戦略構想』 (単著)
2015/08 『大人のための昭和史入門』 (共著)
2015/06 『昭和陸軍全史 3 太平洋戦争』 (単著)
2014/11 『昭和陸軍全史 2 日中戦争』 (単著)
2014/07 『昭和陸軍全史 1 満州事変』 (単著)
2013/01 『戦前日本の安全保障』 (単著)
2011 『昭和陸軍の軌跡』 (単著)
2010 『持続性学』 (共著)
2010 『満州事変と政党政治』 (単著)
2009 『浜口雄幸と永田鉄山』 (単著)
2007 『二〇世紀日本と東アジアの形成』 (共著)
2007 『浜口雄幸』 (単著)
2004 『激動昭和と浜口雄幸』 (単著)
2004 『浜口雄幸集 議会演説篇』 (単著)
2000 『浜口雄幸集 論述・講演篇』 (単著)
1999 『環太平洋の国際秩序の模索と日本』 (共著)
1998 『原敬と山県有朋』 (単著)
1998 『柳田国男のえがいた日本』 (単著)
1997 『柳田国男 その生涯と思想』 (単著)
全件表示(24件)
■ 業績(論文)
2015/10 「総力戦の罠にはまった永田鉄山」 (単著)
2013/03 「武藤章と昭和史」 (単著)
2013/03 「陸軍と日米戦争への道」 (単著)
2012/12 「大正期の浜口雄幸」 (単著)
2010/07 「思想史としての民俗学-柳田民俗学と日本思想史」 (単著)
2009/11 「柳田国男と『先祖の話』」 (単著)
2009/05 「大正昭和初期の政治変容と政治構想」 (単著)
2009/05 「満州事変と永田鉄山」 (単著)
2007/10 「1933年の永田鉄山」 (単著)
2007/04 「戦間期政党政治と議会制的君主制の構想」 (単著)
2006/06 「柳田国男とベーシック・モラリティの問題」 (単著)
2006/01 「総力戦・国際連盟・中国-永田鉄山と浜口雄幸-」 (単著)
2004/06 「浜口雄幸とロンドン海軍軍縮条約」 (単著)
2003/12 「首相在任期浜口雄幸の内政構想と政治環境」 (単著)
2003/10 「浜口雄幸の内政構想と政治環境」 (単著)
2002/02 「戦間期政党政治の国家構想と対中国政策-浜口雄幸を中心に」 (単著)
2000/09 「柳田国男『氏神信仰』論の思想史的位置」 (単著)
1995/01 「第1次大戦終結前後における原敬の構想」 (単著)
1994/08 「近代日本研究と柳田国男」 (単著)
1994/03 「転換期の構想-原敬」 (単著)
全件表示(33件)
■ 業績(その他)
2015/10 <特別座談会>世界史の中の日米戦争 失敗の根源 なぜアメリカと戦ったか (共著)
2015/09 終戦七〇年の日を迎えて-太平洋戦争はなぜ起こったのか (単著)
2015/09 川田稔・名大名誉教授に聞く「「過剰な安保」が危機招く」 
2015/08 終戦から70年、改めて歴史に学ぶ「武藤章:日中戦争と太平洋戦争の引き金を引いた男」知られざる昭和陸軍のキーパーソンたち(後編) (共著)
2015/08 終戦から70年、改めて歴史に学ぶ「満州事変の進路を変えた犬養内閣の陸送人事」知られざる昭和陸軍のキーパーソンたち(中編) (共著)
2015/08 終戦から70年、改めて歴史に学ぶ「陸軍・宇垣派:満州事変の拡大を一度は抑え込んだ男たち」知らせざる昭和陸軍のキーパーソンたち(前編) (共著)
2015/07 『昭和陸軍全史』刊行を終えて (単著)
2015/07 【戦後70年特別企画】「昭和陸軍」の失敗。エリート軍人たちは、どこで間違えたのか 
2015/07 <Special Interview>「昭和陸軍を動かした四人の構想とは?」 
2015/05 <TV出演>『英雄たちの選択・原敬編』NHK・BS2(2015年5月7日午後8時から60分) (共著)
2015/04 「永田鉄山が仕掛けた下剋上の真実」 (単著)
2015/01 <新聞記事>国のあり方 兆民に学ぶ (単著)
2015/01 太平洋戦争は、なぜ起こったのか-陸軍に焦点をあて戦争への道と帰結を明らかに (単著)
2014/08 永田鉄山と石原莞爾 (単著)
2014/07 <視点> 若槻内閣続けば…… (単著)
2013/07 対ソ戦か対中工作か-永田鉄山が満州事変後の鍵 (単著)
2013/04 <新聞記事>安全保障問題の歴史的経験をふりかえる 力より国連活用 集団的システム構築を (単著)
2013/02 現代日本の安全保障問題と浜口雄幸の構想 (単著)
2012/10 <新聞記事>日米安保と基地抱えるディレンマ (単著)
2012/03 満州事変はいかにして起こったのか? (単著)
全件表示(23件)
■ 学会発表
2010/10 「戦争違法化の展開と戦前日本の政治構想-浜口雄幸を中心に」
2008/10 「戦間期日本の対外秩序構想-浜口雄幸と永田鉄山-」      
2008/05 「昭和初期政治構想の相克-浜口雄幸と永田鉄山-」    
2004/07 「戦間期政党政治の国際秩序観-山県有朋、原敬、浜口雄幸-」
2003/10 「日本的心性の原像をめぐる柳田国男と丸山真男」
2003/10 「柳田国男と丸山真男」
1999/05 「柳田国男におけるナショナリティ」
1995/11 「柳田国男の氏神信仰論における神観念の問題」
1995/06 「柳田国男とフレイザー、デュルケーム、マリノフスキー」
■ 所属学会
1992/04~ 政治思想学会
2005/04~2009/03 ∟ 理事
1980/04~ 日本政治学会
1990/04~ 社会思想史学会
2009/04~ ∟ 幹事
1992/04~2012/03 日本民俗学会
1998/04~2012/03 日本国際政治学会
■ 受賞学術賞
2007/04 第1回人間環境学研究優秀論文賞(「浜口雄幸の内政構想と政治環境」)
2012/11 第21回山本七平賞(『昭和陸軍の軌跡』)
■ 社会における活動
2017/06 二・二六事件 青年将校 決起の真実に迫る
2017/03 『柳田国男-知と社会構想の全貌-』の紹介
2017/03 『柳田国男-知と社会構想の全貌-』の著者紹介
■ ゼミナール
2013
総合演習(社会福祉学部)
2012
1,総合演習
2,学長講義コーディネーター