(最終更新日:2018-04-26 22:27:55)
  イトウ フミヒト   ITO, Fumihito
  伊藤 文人
社会福祉学部 社会福祉学科
准教授
■ 研究分野
社会福祉学 
■ キーワード
批判的ソーシャルワーク, ソーシャルワークの価値と倫理, 社会福祉と贈与関係の歴史的研究 
■ 学歴
2002/02 サセックス大学 修士(現代史)
2002/02 イギリス国立サセックス大学大学院 人文科学研究科 修了
日本福祉大学 社会福祉学研究科 修了 修士(社会福祉学)
2003/03 日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 単位取得満期退学
■ 職歴
2015/04~2016/03 英国国立ダラム大学 応用社会科学研究学類 Visiting Research Fellow
■ 主な研究テーマ
ラディカル(根源的)なソーシャルワークの研究 
社会福祉と贈与関係の歴史的研究 
社会福祉/ソーシャルワークの価値と倫理の研究 
■ 業績(著書)
2016/03 『現代の貧困と公的扶助-低所得者に対する支援と生活保護制度』 (共著)
2015/03 『現代社会と福祉』 (共著)
2014 Critical and Radical Debates in Social Work (共著)
■ 業績(論文)
2017/09 ポプラリズムとレイバー・ガーディアンズーー救貧法改革とラディカルソーシャルワーク (単著)
2013/03 「European Social Ethics Project(ESEP)の発展とその到達点(その1)
-サラ・バンクスの研究を中心に-」 (単著)
2012/06 「宮田和明教授のご研究を振り返って:第一期と第二期を中心に」 (単著)
2011/03 “The Rise and fall of professional social work in Japan : Evolution, devolution and neoliberal turn?” (単著)
2009/12 「ソーシャルワークと近代社会:ジグムント・バウマンの社会理論を手がかりにして」 (単著)
2008/03 「ソーシャルワークと社会正義-「ソーシャルワーク・マニフェスト」に向けて-」 (単著)
2007/03 「ソーシャルワーク・マニフェスト-イギリスにおけるラディカル・ソーシャルワーク実践の一系譜-」 (単著)
2006/03 「包摂の実践者か、排除の尖兵か?-イギリスにおける脱専門職化するソーシャルワーク-」 (単著)
2004/02 「高島教授の社会福祉研究の歩み」 (単著)
■ 業績(その他)
2012/05 『世界格差・貧困百科事典』 (共著)
2008/10 ポール・スピッカー/圷洋一監訳『貧困の概念:理解と応答のために』(分担翻訳(第6章「経済」第7章「階級」),生活書院 (共著)
■ 学会発表
2014/04 The Rise of Disaster Capitalism and its impact on Japanese social work: a dangerous time?(The 9th annual conference of Social Work Action Netowork)
2010/09 The Rise and fall of professional social work in Japan: Evolution, devolution and neoliberal turn?(The Impact of New Public Management Policies and Perspectives on Professional Social Work: a comparison of British and Japanese experiences.)
2010/06 Education, training and qualification of social work in Japan: the impact of neoliberal state policies
■ 所属学会
1999/04~ 社会事業史学会
1994/04~ 日本福祉大学社会福祉学会
1998/04~ 日本社会福祉学会
1996/04~ 福祉政策研究会
2008/04~ The Social Work Actione Network
■ 社会における活動
2013/04~ Critical and Radical Social Work : an International Journal (Policy Press) International Editorial Adevisory Board
2016/04~ Ethics and Social Wefare (Taylor and Francis) International Editorial Advaisary Board
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 0  回
 在留期間2週間未満のもの   計 1  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  1  回  1  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  1  回  1  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ 主要学科目
社会福祉理論政策特講
■ ゼミナール
2009
愛と暴力の現代社会福祉論
2008
福祉国家・福祉社会の基礎理論ー貧困、剥奪・社会的排除とソーシャルワーク
■ 国際学術交流派遣
2010/06/10
2010/06/15
時期区分:第1次
国際ソーシャルワーカー連盟および国際ソーシャルワーク教育連盟ジョイント世界会議
香港