photo
    (最終更新日:2017-07-06 21:50:42)
  ユハラ エツコ   YUHARA, Etsuko
  湯原 悦子
社会福祉学部 社会福祉学科
准教授
■ 研究分野
社会福祉学、司法福祉 
■ キーワード
介護殺人, 介護者支援, 非行, 犯罪 
■ 学歴
1992/03 名古屋大学 法学部 卒業
1998/03 日本福祉大学 社会福祉学部 卒業
2003/03 日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 修了 博士(社会福祉学)
■ 職歴
2001/04~2003/03 日本学術振興会特別研究員
2008/04~2008/12 学外研究として、オーストラリア・メルボルン大学文学部犯罪学専攻に留学
2007/04~ 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 准教授
■ 主な研究テーマ
介護者支援 
介護殺人の予防 
非行少年の社会復帰支援 
■ 業績(著書)
2017/04 再非行防止社会内サポート CCNC Study club 報告書2016 (単著)
2017/03 『改訂新版 司法福祉』 (共著)
2017/02 介護殺人の予防 -介護者支援の視点から (単著)
2014/10 『社会福祉研究のフロンティア』 (共著)
2012/02 『介護家族をささえる-認知症家族会の取り組みに学ぶ』 (共著)
2012/02 『司法福祉』 (共著)
2010 Abuse. Health Inequalities in Japan An Empirical study of Older People (共著)
2008/03 『介護福祉のための法学』 (共著)
2007/03 『「健康格差社会」を実証する-介護予防に向けた社会疫学的大規模調査』 (共著)
2007/03 『五訂 社会福祉実習』 (共著)
2007/02 『現代社会保障・福祉小事典』 (共著)
2006/05 『改訂 現代の社会福祉』 (共著)
2005/04 『四訂 社会福祉実習』 (共著)
2005/02 『介護殺人-司法福祉の視点から』 (単著)
2003/01 『医療福祉相談ガイド』 (共著)
2000/12 『防げなかった死 虐待データブック2001』 (共著)
■ 業績(論文)
2017/04 介護の問題 -介護殺人と介護家族支援 (単著)
2017/03 高齢者虐待の実態と家族介護者支援の重要性 (単著)
2017/01 家族の介護問題と家族支援のあり方 : ケアする人を支える (単著)
2016/06 NPO法人 再非行防止サポートセンター愛知の活動紹介 : 再非行を減らし,笑顔を増やしたい (共著)
2016/03 介護殺人事件から見出せる介護者支援の必要性 (単著)
2015/09 地域における権利擁護支援ニーズの内容と支援の効果 -法人後見の受任事例からの考察- (共著)
2015/05 介護殺人事件の裁判における社会福祉専門職の関与に関する研究 (単著)
2015/03 日本における介護に関わる要因が背景に見られる高齢者の心中や殺人に関する研究の動向 (単著)
2014/10 「介護者セルフアセスメントシートの効果検証」 (単著)
2014/03 「家族介護者支援の理論的根拠」 (単著)
2013/07 「介護者セルフアセスメントシートの開発」 (共著)
2013/01 「介護うつ 認知症介護における介護者支援のための課題;司法福祉の立場から」 (単著)
2012/09 「家族介護者からみたケアマネジャーの支援」 (共著)
2012/08 「介護殺人の事例研究」 (単著)
2012/02 「追いつめられる介護者の心理的・社会的背景-「介護者支援」の意識とシステムを」 (単著)
2011/09 「介護殺人の現状から見出せる介護者支援の課題」 (単著)
2011/08 「介護する人のメンタルヘルス」 (単著)
2011/08 「介護負担、介護殺人・心中」 (単著)
2011/03 「介護による疲弊とうつ」 (単著)
2010/04 「認知症の人を抱える家族を対象にした電話相談の役割--認知症の人と家族の会愛知県支部が行う電話相談5,300件の分析から」 (共著)
全件表示(39件)
■ 業績(その他)
2016/02 再非行防止社会内サポート CCNC study club 報告書 2015 (単著)
2013/09 司法福祉の方法論‐判決前調査の意義と効果、活用の仕方 (共著)
2013/04 コラム「法を学ぶということ」 (共著)
2013/03 <学会記録>「権利擁護の領域における司法福祉実践」 (共著)
2012/01 家族で介護をするとき、心に留めておきたいこと (単著)
2011/05 認知症介護における介護者のうつを考える (単著)
2011/04 介護殺人が生じるプロセスと必要な支援 (単著)
2011/03 介護者とうつ (単著)
2011/02 オーストラリアの介護者支援 (単著)
2006/11 介護殺人-最新事情と援助者の課題 (単著)
2006/11 書評リプライ「介護殺人:司法福祉の視点から」 (単著)
2002/11 「愛知県内の児童養護施設の実態」 (共著)
2002/03 「放置と身体的・精神的虐待を評価する手法の開発、ハイリスク者スクリーニング調査の意義と限界」「2自治体におけるハイリスク者の割合とその特徴」 (共著)
2001/04 「介護の質や虐待に関する事例研究」 (共著)
2000/03 「研究プロジェクト② 高齢者・障害者の権利擁護に関する事業 2.高齢者虐待の軽減に向けて行う援助の現状」 (共著)
■ 学会発表
2014/11 介護殺人事件に情状鑑定を実施する意義と効果(日本社会福祉学会第62回秋季大会)
2014/06 Incidents of Homicides or Murder-suicides by Family Caregivers in Japan and Challenges for Prevention.(アジア犯罪学会)
2013/09 高齢者が被害者となる介護殺人事件の実態-海外における事件の動向と防止に向けた示唆-(日本社会福祉学会第61回秋季大会)
2013/06 介護殺人の現状、家族介護者の支援方法の提案(認知症ケア学会ワークショップ3 高齢者虐待を発見する)
2013/06 介護者セルフアセスメントシートの開発②(第14回日本認知症ケア学会)
2012/05 A市における介護専門員の介護家族に対する支援の実態と課題①-うつ状態の介護者への関わり-(第13回日本認知症ケア学会大会)
2011/09 介護者支援の法的基盤整備に向けた家族会の試み④ -介護者憲章に対する援助職の評価(第12回日本認知症ケア学会大会)
2011/08 The Juvenile Act to 2000 A Toughening of Measures(The International Society for Criminology)
2010/10 介護殺人事件の実態と実体的解決に向けた施策の検討
2010/10 介護者支援の法的基盤整備に向けた家族会の試み② 海外における介護者アセスメントの検討
2010/03 Roles of Telephone Support for Families with Alzheimer's Patients Analysis of 5,300 Calls to the Alzheimer's Association of Japan(Alzheimer's Disease International)
2007/09 認知症の家族を介護する者は何に悩んでいるのか その2 介護者支援に向けた示唆-認知症の人と家族の会・愛知県支部の電話相談内容の分析から-
2007/06 Senile Dementia Care-Givers' Worries in Japan
2006/10 How could you support caregivers? - One notable trial in Japan
2006/05 Elderly abuse among independent people in Japan
2005/07 要介護認定を受けていない高齢者への虐待の実態
2004/09 The Prevalence of Elderly Abuse;a Community Survey in Japan
2004/07 高齢者虐待の発生割合とリスクタイプ別にみた事例の特徴-7271名を対象にした地域悉皆調査の結果から-
2003/11 介護殺人、介護心中事件の法的な解決の可能性と限界
2003/10 介護殺人・心中事件の「実体的」解決
全件表示(31件)
■ 所属学会
2005/04~ 日本高齢者虐待防止学会
2017/03 ∟ 評議員
2005/04~ 日本子どもの虐待防止学会
2001/04~ 日本認知症ケア学会
1998/04~ 日本社会福祉学会
1998/04~2013 日本社会保障法学会
2001/04~ 日本老年社会科学会
2000/04~ 日本司法福祉学会
2009/08~2015/08 ∟ 理事
2016/06~ 更生保護学会
■ 受賞学術賞
2006/02 東海学術奨励賞
2010/11 認知症ケア学会 石崎賞
■ 社会における活動
2009/04~ 南生協病院 外部倫理委員
2012/04~ 愛知県国民健康保険団体連合会 介護サービス苦情処理委員会委員
2011/04~ 一宮市高齢者虐待防止ネットワーク委員会 副委員長
2014/07~2015/03 社会福祉法人東北福祉会 認知症介護研究・研修仙台センター 高齢者虐待の要因分析と地方自治体の施策促進に関する調査研究事業プロジェクト委員会委員
2016/04~2017/03 社会福祉法人東北福祉会 認知症介護研究・研修仙台センター高齢者虐待の要因分析及び調査結果の継続的な活用・還元方法の確立に関する調査研究事業プロジェクト委員会委員
2015/08~2016/03 社会福祉法人東北福祉会 認知症介護研究・研修仙台センター 高齢者虐待の要因分析及び対応実務課題の解決・共有に関する調査研究事業プロジェクト委員会委員
■ 資格・免許
2000/03 社会福祉士
■ 主要学科目
司法福祉論
■ 科研費研究者番号
60387743
■ researchmap研究者コード
6000010297