(最終更新日:2018-03-26 20:19:29)
  マツオ シンゴ   MATSUO, Shingo
  松尾 真吾
健康科学部 リハビリテーション学科
助教
■ 研究分野
神経・筋肉生理学, リハビリテーション科学・福祉工学, スポーツ科学 
■ キーワード
理学療法, ストレッチング, 遅発性筋痛 
■ 学歴
2008/03 名古屋大学 医学部 卒業
2011/03 名古屋大学大学院 修了 修士(リハビリテーション療法学)
2014/03 名古屋大学大学院 医学系研究科 単位取得満期退学
2015/02 名古屋大学大学院 博士(リハビリテーション療法学)
■ 主な研究テーマ
スタティック・ストレッチングの効果検証に関する研究 
遅発性筋痛に対する予防及び治療効果検証に関する研究 
■ 業績(著書)
2017/12 ウエルビクス運動のすすめ
健康づくりと自立維持を目指す運動の実践のために (共著)
2015/06 実践的なQ&Aによるエビデンスに基づく理学療法 第2版 評価と治療指標を総まとめ (共著)
2013/05 ストレッチングの科学 (共著)
■ 業績(論文)
2017/12 Acute Effects of the Different Intensity of Static Stretching on Flexibility and Isometric Muscle Force. (共著)
2017/12 Hamstring Stiffness Returns More Rapidly After Static Stretching Than Range of Motion, Stretch Tolerance, and Isometric Peak Torque. (共著)
2017/03 Heat Stress Modulates Both Anabolic and Catabolic Signaling Pathways Preventing Dexamethasone-Induced Muscle Atrophy In Vitro. (共著)
2015/09 Predictive factors for the outcome of multidisciplinary treatments in chronic low back pain at the first multidisciplinary pain center of Japan. (共著)
2015/05 Changes in force and stiffness after static stretching of eccentrically-damaged hamstrings. (共著)
2013/12 Acute effects of different stretching durations on passive torque,mobility,and isometric muscle force (共著)
2012/07 温熱刺激による筋萎縮の進行抑制効果の検討-グルココルチコイド誘導性筋萎縮の進行抑制効果と熱ショックタンパク質発現との関連性から- (共著)
■ 業績(その他)
2015/08 エビデンスに基づく理学療法 理学療法診療ガイドラインを読み解く(第7回) 背部痛 理学療法診療ガイドライン (共著)
2014/02 骨格筋の基礎知識 エンデュランストレーニングに対する骨格筋の適応 (共著)
2014/01 骨格筋の基礎知識 レジスタンストレーニングに対する骨格筋(神経筋)の適応 (共著)
2012/07 炎症症状の測定法 (共著)
2012/02 背部痛理学療法診療ガイドライン,理学療法診療ガイドライン第1班(2011) (共著)
2011/12 背部痛の理学療法評価と治療 (共著)
■ 学会発表
2018/03/18 カヘキシーに由来する骨格筋萎縮に対する温熱刺激の抑制効果とその作用機序の検討(第22回日本体力医学会東海地方会)
2017/09/17 異なる伸張強度が4週間のスタティック・ストレッチングによる柔軟性改善効果に及ぼす影響(第72回日本体力医学会大会)
2017/09/17 伸張性収縮負荷後の筋に対し静的ストレッチングが柔軟性に与える影響(第72回日本体力医学会大会)
2017/09/17 動的ストレッチングとジョギングの組み合わせが柔軟性と発揮筋力に及ぼす影響(第72回日本体力医学会大会)
2017/07/06 Effects of 300 Seconds of Stretching on Flexibility and Isometric Muscle Force Do Not Differ Between Stretching Methods.(The 22nd annual Congress of the European College of Sport Science)
2017/06/03 Effect of Stretching on Intracerebral Oxygen Dynamics and Calculation Capability.(ACSM's 2017 Annual Meeting)
2017/05/13 スタティック・ストレッチングの施行時間および強度が柔軟性に及ぼす影響(第52回日本理学療法学術大会)
2017/05/13 温熱刺激はグルココルチコイド投与に伴う筋タンパク質分解経路の活性化と筋タンパク質合成経路の不活性化を抑制する(第52回日本理学療法学術大会)
2017/04/25 Heat Stress Prevents Dexamethasone-induced Skeletal Muscle Atrophy as Demonstrated by Its Regulation of Anabolic and Catabolic Signaling Pathways in C2C12 Myotubes.(Experimental Biology 2017)
2017/03/05 異なるセット数のダイナミック・ストレッチングがハムストリングスの柔軟性に及ぼす急性効果(第26回愛知県理学療法学術大会)
2017/03/05 骨格筋経皮的電気刺激はSOCS3非依存的な経路を介してインスリン抵抗性を改善する(第26回愛知県理学療法学術大会)
2017/03/05 静的ならびに動的ストレッチングを併用施行した際の施行順が柔軟性に及ぼす影響(第26回愛知県理学療法学術大会)
2016/11/04 The role of integrins in the regulation of mechanical stress-induced myotube hypertrophy in vitro(the 2016 APS Intersociety Meeting: The Integrative Biology of Exercise VII)
2016/09/24 ホスホリパーゼDはメカニカルストレスによる培養骨格筋細胞肥大適応に関与しない(第71回日本体力医学会大会)
2016/09/23 ストレッチング方法の違いが柔軟性および筋力に及ぼす影響(第71回日本体力医学会大会)
2016/09/23 静的ストレッチングとジョギングの組み合わせが発揮筋力と柔軟性に及ぼす影響(第71回日本体力医学会大会)
2016/09/23 単一筋群に対するダイナミック・ストレッチングが最大発揮筋力に及ぼす影響(第71回日本体力医学会大会)
2016/09/23 短期間の高強度スタティック・ストレッチングが柔軟性に及ぼす影響(第71回日本体力医学会大会)
2016/05/28 静的ストレッチングと筋収縮の繰り返しがROM,stiffness,最大動的トルクに及ぼす影響(第51回日本理学療法学術大会)
2016/05/27 Hamstringsに対するSelf-Stretchingの介入効果にDetraining期間が及ぼす影響(第51回日本理学療法学術大会)
全件表示(48件)
■ 所属学会
2008/05~ 日本理学療法士協会
2010/05~ 日本体力医学会
2010/05~ 日本疼痛学会
2010/05~ 日本運動器疼痛学会
2016/10~ 日本ペインリハビリテーション学会
■ 競争的資金等の研究課題
2014/04~2016/03 ウォームアップに最適なストレッチング方法の確立 
2016/04~2019/03 柔軟性改善と発揮筋力向上の両者に着目した静的ストレッチングに関する効果検証