(最終更新日:2017-07-16 15:32:46)
  サカグチ ダイシ   SAKAGUCHI, Daishi
  坂口 大史
健康科学部 福祉工学科
助教
■ 研究分野
建築意匠計画, 都市計画, 空間・環境心理, 北欧建築・デザイン, サスティナブルデザイン 
■ キーワード
建築意匠計画,都市計画,空間・環境心理,北欧建築・デザイン,サスティナブルデザイン 
■ 学歴
2008/06 スクールオブビジュアルアーツ大学 Continuing education コース 留学
2009/07 ヘルシンキ工科大学(現アアルト大学) 工学部 留学
2010/07 バレンシア州立工芸大学 工学部 留学
2012/03 名古屋工業大学 工学部 卒業
名古屋工業大学 工学研究科 修了 修士(工学)
2014/09 アアルト大学 修士(技術)
名古屋工業大学 工学研究科 修了 博士(学術)
■ 職歴
2012/04~2014/03 Creadesign Oy マーケティングマネージャー
2012/06~2012/07 国立大学法人名古屋工業大学大学院 ティーチングアシスタント
2013/06~2013/08 アアルト大学大学院 建築・デザイン・芸術学部 リサーチアシスタント
2013/08~2014/07 アアルト大学大学院 建築・デザイン・芸術学部 客員研究員
2013/10~2014/05 アアルト大学大学院 化学技術学部繊維製品学科 ティーチングアシスタント
2014/01~2014/09 アアルト大学大学院 化学技術学部繊維製品学科 リサーチアシスタント
2014/10~2015/01 アアルト大学大学院 化学技術学部繊維製品学科 プロジェクト研究員
2014/10~2015/01 アアルト大学大学院 建築・デザイン・芸術学部 非常勤講師
2015/01~ 名古屋工業大学大学院 技術補佐員
■ 主な研究テーマ
建築設計者と利用者における建築空間の想像(建築想像論)に関する研究 
市街地活性化とまちづくりに関する研究 
フィンランドのサマーハウスにおける建築意匠とデザインに関する研究 
建築解体木材の段階的利用に関する研究 
■ 業績(著書)
2014/04 自然と住む、しぜんに生きる (共著)
2013/10 My dream pulp (共著)
■ 業績(論文)
2017/01 日本の設計専門家と非専門家の内装用木材の認知構造からみる潜在的選択要因 (共著)
2016/12 フィンランドの設計専門家と非専門家の住空間に用いる内装用木材に対する評価構造 (共著)
2016/05 The Potential for Cascading Wood from Demolished Buildings: The Condition of Recovered Wood through A Case Study in Finland (共著)
2016/03 Investigation of Sustainable and Affordable Housing Policy Principles
and Formulation Adoptable in Kabul City, Afghanistan (共著)
2016/03 日本の設計専門家と非専門家の住空間に用いる内装用木材に対する評価構造 (共著)
2016 A Comparative Study of Afghan Traditional and Contemporary Courtyard Housing Regarding Affordable Planning and Sustainability (共著)
2015/10 徳山ダム建設による居住地移転期における旧徳山村民の想いの変容 (共著)
2015/09 内装用木材の認知構造からみる潜在的選択要因:フィンランドの設計専門家と非専門家を対象として (共著)
2015 Principles of Sustainable and Affordable Housing Policy for Afghan Refugees Returning to Afghanistan (共著)
2014/03 建築物における解体木材のカスケード利用に関する潜在性 (単著)
2014/03 内装用木材の評価による空間想起フィンランドの設計専門家と非専門家を対象として (単著)
2013/06 室空間の立体視画像の<絵画的手がかり>と<視差的手がかり>による奥行き認識 (共著)
■ 学会発表
2016/08 クラスター分析による評価構造の類型化 フィンランドの設計専門家と非専門家の内装用木材に対する評価構造 その1(日本建築学会大会(九州))
2016/08 クラスター別の評価構造 フィンランドの設計専門家と非専門家の内装用木材に対する評価構造 その2(日本建築学会大会(九州))
2016/08 一般利用者の解体木材に対する認識傾向(日本建築学会大会(九州))
2016/08 専門性の評価傾向における影響フィンランドの設計専門家と非専門家の内装用木材に対する評価構造 その3(日本建築学会大会(九州))
2016/06 The Potential of Wood for Cascading Reuse(Forum Wood Building Nordic Espoo 16)
2016/03 一般利用者の解体木材に対する仮想選択構造モデルの構築(2015年度日本建築学会中国支部研究発表会)
2016/03 一般利用者の解体木材に対する選好性とその要因(2015 年度日本建築学会中国支部研究発表会)
2016/03 解体廃木材の再使用・再利用に対する一般利用者の意識(2015年度日本建築学会中国支部研究発表会)
2016/03 建築内装写真からみる木質住空間に対する評価構造(2015年度日本建築学会関東支部研究発表会)
2016/03 住宅写真からみる庭に対する評価構造(2015年度日本建築学会関東支部研究発表会)
2016/03 川沿いの歩行者空間を活用したまちづくりに関する研究(2015年度日本建築学会関東支部研究発表会)
2016/02 A Study of Indoor Comfort in Affordable Contemporary Courtyard Housing with Outdoor Welfare in Afghan Sustainable Neighborhoods(ICBAU 2016 : 18th International Conference on Building, Architecture and Urbanism)
2015/12 Principles of Sustainable and Affordable Housing Policy for Afghan Refugees Returning to Afghanistan(ICBAU 2015 : 18th International Conference on Building, Architecture and Urbanism)
2015/01 Cascading wood from buildings in Finland(Aalto Wood Building Material Futures)
2014/11 Potential for cascading wood from building(Rakennuselementtien uudelleenkäyttö -hankkeen ReUSE LOPPU SEMI NAARI)
2014/02 内装用木材の評価による空間想起フィンランドの設計専門家と非専門家を対象として(日本建築学会関東支部研究発表会)
2013/09 セルロースによるファッションとテキスタイル分野における将来的なブランドと応用(COST ACTION FP1205)
2012/02 旧徳山村にみる村民の想いの変容(日本建築学会東海支部研究発表会)
■ 所属学会
2011~ 日本建築学会 Link
■ 受賞学術賞
2017/03 名古屋工業大学副学長表彰
2013/03 名古屋工業大学学長表彰
2010/11 Finnish Wood Award 2010
2010/06 Architecture Prize
■ 講師・講演
2017/01 Disaster Risk Reduction through Community Participation(Bohol Island State University)
2017/01 避難所運営ゲームを活用した地域防災活動(半田市)
2016/08 災害時における地域の「共助」について考える(半田市)
2016/07 僕の、私の、仕事観(クラシティ半田)
2016/03 Sharing Current Progress and up-coming events(Bohol Island State University)
2016/01 Community Participatory Method for Disaster Risk Reduction Management(Bohol Island State University)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
2017/03 Cities in Transition -移り変わる都市- フィリピンボホール島におけるコミュニティ開発名古屋都市センタ
2016/09 半田市市街地活性化に関する取り組みアイプラザ半田
2016/05 Cities in Transitionフィンランド建築博物館