(最終更新日:2021-09-03 13:42:18)
  オオタ ケンイチ   OTA, Kenichi
  太田 健一
福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科
助教
■ 研究分野
地域リハビリテーション 
■ キーワード
高齢者、社会参加 
■ メールアドレス
kyoin_mail
■ 学歴
2009/03 国際医学技術専門学校 作業療法学科 卒業
2018/03 日本福祉大学 福祉経営学部 卒業 学士(福祉経営学)
2020/03 日本福祉大学大学院 医療・福祉マネジメント研究科 修了 修士(医療・福祉マネジメント)
■ 職歴
2009/04~2019/09 医療法人生寿会 五条川リハビリテーション病院 作業療法士
2019/01 国際医学技術専門学校 作業療法学科 特別講師
2019/10~2020/03 株式会社 エヌ・エフ・ユー
2020/04~ 日本福祉大学 福祉経営学部(通信教育) 医療・福祉マネジメント学科 助教
■ 業績(論文)
2021/03 訪問・通所リハビリテーションにおけるセラピストが参加に踏み込めない要因の検討 -セラピストの参加の認識に着目して- 日本福祉大学健康科学論集 1-10頁 (共著) 
2019/10 主観的評価指標を用いた訪問リハビリテーション効果の検討~利用開始から6ヵ月以上経過した利用者を対象として~ 訪問リハビリテーション 9(4),338-341頁 (共著) 
■ 業績(その他)
2021/03 作業療法の臨床場面における「障害受容」の使用状況と今後の課題 臨床作業療法NOVA 18(1),21-26頁 (共著) 2021/03
2020/03 <実践報告>地域住民におけるリハ専門職の認知度と興味のある介護予防の内容に関する調査 愛知作業療法 28,36-40頁 (共著) 2020/03
■ 学会発表
2021/09 NPO団体の構成員における参加・継続要因研究の現状と課題に関する一考察 ― 多世代で地域共生社会を担う団体に必要な要素の確認の必要性 ―(日本社会福祉学会 第69回秋季大会)
2021/09 回復期・地域包括ケア病棟において家族の不安軽減により ADL要介助者の在宅復帰が可能となった2事例 -不安チェックシートの使用から-(第55回 日本作業療法学会)
2021/03 リハビリテーション領域における役割に着目した社会参加への介入に関する文献研究(日本リハビリテーション連携科学学会 第22回大会)
2019/09 訪問リハビリテーション長期利用者の効果の検討 Canadian Occupational Performance Measureを使用して(第53回 日本作業療法学会)
2018/09 回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟における認知症患者の退院先に影響を及ぼす要因の検討(日本社会福祉学会 第66回秋季大会)
■ 所属学会
2020/06~ 日本訪問リハビリテーション協会
2020/05~ 日本リハビリテーション連携科学学会
2020/04~ 東京都作業療法士会
2018/04~ 日本社会福祉学会
2009/04~2019/03 愛知県作業療法士会
2009/04~ 日本作業療法士協会
■ 社会における活動
2018/09 清須市社協(上中ブロック社協)「福祉学習会」講師
2017/11 清須市社協(新川第3ブロック社協)「介護予防学習会」講師
2016/11 清須市社協(落宮ブロック社協)「福祉学習会」講師
2016/09 清須市社協(上中ブロック社協)「福祉学習会」講師
■ 競争的資金等の研究課題
2020/04~2024/03 「障害の社会モデル」を重視したリハビリテーションのための内省型研修プログラム開発【分担】 
■ 資格・免許
2009/05 作業療法士