シライシ ナリアキ   SHIRAISHI, Nariaki
  白石 成明
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
発表年月日 2006/10
発表テーマ 回復期リハビリ病棟自宅退院患者の入院期間に影響する要因の検討
主催者 第22回東海北陸理学療法学術大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 (学外主催)
発表者・共同発表者 渥美峻輔、小柳芳樹、川崎桃子、八代望、市川寿美、山下美紀、渡邊玲子、伊藤久美子、和田美奈子、山田浩子、川村陽一、杉村公也
概要 脳卒中患者の入院期間に影響を及ぼす要因を長期入院群(75日以上)と短期入院群(74日以下)にわけ調査した。結果年齢、麻痺程度、高次脳機能障害、ADL特にセルフケア関連動作が短期入院群で良好な成績であった。セルフケア関連動作のリハビリについて重点的に実施する必要があることを示唆された。
発表雑誌:第22回東海北陸理学療法学術大会誌