シライシ ナリアキ   SHIRAISHI, Nariaki
  白石 成明
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
発表年月日 2004/10
発表テーマ 回復期リハビリ病棟におけるADL能力向上とその要因
主催者 リハビリテーションケア合同研究大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 北九州市(学外主催)
発表者・共同発表者 山口陽、西田悦子、伊藤久美子、藤田美有紀、生川加奈子、東昇
概要 回復期リハビリ病棟患者のADL向上に関連する要因を分析した研究。リハビリ時間、認知症などの要因が有意なものとして抽出された。リハビリ時間を増やすことは、患者のADL改善に有効であることを示した。