シライシ ナリアキ   SHIRAISHI, Nariaki
  白石 成明
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
発表年月日 2004/10
発表テーマ 回復期リハビリ病棟患者のADL調査―ADL自立度変化と関連要因の分析―
主催者 第20回東海北陸理学療法学術大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 富山市(学外主催)
発表者・共同発表者 西田悦子、岡本峰生、藤田美有紀、生川加奈子、東昇、山口陽、毛受雅文、川村陽一、杉村公也
概要 回復期リハビリ病棟退院後の患者のADLの変化と関連する要因について重回帰分析により検討した研究。要介護が重度化していると退院後ADLは低下する傾向がみられた。退院後のADL低下を防止する指導、在宅リハビリ強化が重要である。
発表雑誌:第20回東海北陸理学療法学術大会誌