ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
発表年月日 1993/06
発表テーマ ステアミル運動中の連続血圧測定
発表学会名 第4回関西臨床スポーツ医・科学研究会
主催者 関西臨床スポーツ医・科学研究会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 大阪府大阪市
発表者・共同発表者 西村直記、宮側敏明、武田ひとみ、宮本忠吉、藤本繁夫、他1名(1番目)
概要 運動処方の実践機器として開発されたステアミル(階段式トレッドミル)運動中の血圧、心拍数および酸素摂取量を連続記録し、その生体負担度をトレッドミル歩行時や自転車駆動時と比較・検討した。本研究の結果、最大下運動時でのステアミル運動中の生体負担度は、トレッドミル歩行時や自転車駆動時よりも低いが、最大運動時では最も生体負担が大きいことが明らかとなった。
担当部分:研究統括