イトウ マサアキ   ITOH, Masaaki
  伊藤 正明
社会福祉学部 社会福祉学科
助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/03
形態種別 大学研究所等紀要(論文)
標題 総合支援型実習の成果と課題 -2018年度総合支援型ソーシャルワーク実習生の受け止めから-
執筆形態 単独
掲載誌名 日本福祉大学 社会福祉論集
掲載区分国内
出版社・発行元 日本福祉大学社会福祉学部・日本福祉大学福祉社会開発研究所
巻・号・頁 (142),195-209頁
概要 2013年度より開始された日本福祉大学社会福祉学部の「総合支援型実習」について、アンケートによりソーシャルワーク実習生の受けとめを整理、分析することで今後の実習教育への示唆を得ることを目的とした。
 2017年度ソーシャルワーク実習におけるアンケート結果を、総合支援型実習の特徴である実習プログラムとの類似性から「特定相談支援事業」と「特定相談支援事業以外」での実習に分類し、2018年度総合支援型のソーシャルワーク実習アンケート結果と比較・分析した。「総合支援型実習」を行った学生が高い実習の満足度を示したのは、「法人」として実習を受入れ、実習先でグループ・スーパービジョンを行っていることが影響していると考察した。また、「総合支援型」実習として意図された点のうち、「児童・高齢・障害を問わず」活躍するソーシャルワーカーについて学べている側面と、「施設(法人)が所在する地域に働きかける」ことを認識できていることを明らかにした。