(最終更新日:2024-04-08 15:55:20)
  タナカ マサヒロ   TANAKA, Masahiro
  田中 将裕
健康科学部 リハビリテーション学科
助教
■ 研究分野
リハビリテーション科学 
■ キーワード
認知症、高次脳機能障害、脳卒中、神経・筋疾患、活動・参加(Activity Card Sort - Japan Version) 
■ メールアドレス
kyoin_mail
■ 学歴
2010/03 名古屋大学 医学部 卒業 リハビリテーション学学士
2012/03 名古屋大学大学院 医学系研究科 修了 リハビリテーション療法学修士
2015/03 名古屋大学大学院 医学系研究科 修了 リハビリテーション療法学博士
■ 職歴
2010/04~2015/03 医療法人白楊会 虹ケ丘介護老人保健施設 リハビリテーション部
2014/02~2015/03 名古屋市立西部医療センター(現:名古屋市立大学医学部付属西部医療センター) リハビリテーション科
2015/04~2020/03 愛知医科大学病院 リハビリテーション部
2019/10~2020/03 名古屋大学 医学部 招聘教員
2020/10~2021/03 名古屋大学 医学部 招聘教員
2020/04~ 医療法人白楊会 虹ヶ丘介護老人保健施設 リハビリテーション部 非常勤作業療法士
2020/04~ 日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 助教
■ 業績(著書)
2023/03 作業療法学 ゴールド・マスター・テキスト 福祉用具学(改訂第2版)  237-244, 247頁 (共著) Link
■ 業績(論文)
2024 Pandemic-Induced Occupational Disruption and Association With Health in Japanese Community-Dwelling Older Adults OTJR: Occupational Therapy Journal of Research (in press)  (共著)  Link
2024/12 重心動揺計を用いた座位バランス能力評価の絶対信頼性の検討 日本作業療法研究学会雑誌(in press) 27(1) (単著) 
2024/06 精神科デイケアに通所する統合失調症患者のQOLに影響する心理的・環境的要因の検討 作業療法 43(3) (共著)  Link
2024/03 上肢リーチングロボットを使用した自主訓練プログラムが座位バランス能力に及ぼす効果と安全性の検証-若年健常成人を対象とした予備的研究- 日本福祉大学健康科学論集 27,15-22頁 (共著)  Link
2023/10 Identification of Subgroups of Activity Participation in Group of Community-Dwelling Older Adults OTJR: Occupational Therapy Journal of Research 43(4),pp.676-682 (共著)  Link
2023/02 Changes in Community-Dwelling Elderly's Activity and Participation Affecting Depression during COVID-19 Pandemic. A Cross-Sectional Study International Journal of Environmental Research and Public Health 20(5) (共著)  Link
2022/07 作業療法学生が身体障害領域の臨床実習で経験する評価法の使用頻度 リハビリテーション教育研究 (28),193-198頁 (共著)  Link
2021/04 Occupational therapy in integrative visual agnosia and memory disorder: a case report. Asian Journal of Occupational Therapy 17(1),pp.27-30 (単著)  Link
2019/01 Selection of Activity Items for Development of the Activity Card Sort-Japan Version (ACS-JPN). OTJR: Occupational Therapy Journal of Research 39(1),pp.23-31 (共著)  Link
2018/12 Assessment of attention function recovery in patients after stroke using sequential desk-top tasks. International Journal of Therapy And Rehabilitation 25(12),pp.665-674 (共著)  Link
2018/10 重度認知症および難聴のある施設入所者に対する骨伝導ヘッドホンを活用した食事動作支援の試み. 作業療法 37(5),585-589頁 (共著)  Link
2018/02 日本で使用されている「参加」の評価法と,その特徴に関する文献研究-使用頻度の観点からの検討-. 作業療法 37(1),20-29頁 (共著)  Link
2014/03 Effects of Environmental Stimulation on Recognition of Mealtimes in Patients with Dementia. Physical & Occupational Therapy In Geriatrics 32(2),pp.112-122 (共著)  Link
2011/03 Trail Making Testが精神性発汗と血管反応および主観的変化に及ぼす影響. 愛知作業療法 (19),3-9頁 (共著)  Link
2015/03 施設入所高齢者における implicit memory を介した刺激による食事認識の変化. 名古屋大学大学院2014年度博士論文  (共著)  Link
■ 業績(その他)
2022/03 学生の記憶特性に合わせた学習支援の試み FD(ファカルティディベロップメント)推進を目指して 18,28-37頁 (共著) 2022/03
2015/03 認知症高齢者とのコミュニケーションとQoL維持のためのリハビリテーション介入に関する研究事業. 厚生労働省 平成26年度老人保健健康増進等事業による研究報告書  (共著) 2015/03
2014/03 認知症高齢者とのコミュニケーションとQoL維持のためのリハビリテーション介入に関する研究事業. 厚生労働省 平成25年度老人保健健康増進等事業による研究報告書  (共著) 2014/03
2013/03 施設における認知症高齢者のQoL向上のための多元的アプローチ・リハビリテーションに関する研究事業. 「認知症高齢者のQoL向上のためのリハビリプログラム開発研究事業:認知症高齢者とのインターフェイスとして有効なリハビリプログラムの提案」. 厚生労働省 平成24年度老人保健健康増進等事業による研究報告書  (共著) 2013/03
2011/03 認知症に対する「認知活動療法(いきいきリハビリ)」の開発および介入. 「見当識障害が顕著な軽度認知症の事例への実践報告」. 厚生労働省 平成22年度老人保健健康増進等事業による研究報告書  (共著) 2011/03
■ 学会発表
2023/11 施設入所認知症高齢者のQOLに活動・参加が及ぼす影響の検討(第57回日本作業療法学会)
2023/11 地域在住高齢者における基本チェックリストの認知機能該当項目数と活動実施率との関連(第57回日本作業療法学会)
2023/11 遠隔講義での統合失調症患者の地域生活評価を通じた多職種連携教育の効果-作業療法学生と精神保健福祉士学生を対象とした検討-(第57回日本作業療法学会)
2023/10 重心動揺解析システムを用いた座位バランス能力評価の絶対信頼性の検討(第17回日本作業療法研究学会学術大会)
2022/09 新型コロナ感染症(COVID-19)拡大による高齢者の活動変化と健康指標との関連(第56回日本作業療法学会)
2019/09 抗NMDA受容体抗体脳炎によって精神症状,高次脳機能障害を呈した女子症例に対する作業療法の経験.(第53回日本作業療法学会)
2018/09 心原性脳塞栓症により,連合型視覚失認を呈した症例に対する作業療法の経験.(第52回日本作業療法学会)
2018/09 The Activity Card Sort 日本版(ACS-JPN)の開発.(第52回日本作業療法学会)
2015/06 骨伝導ヘッドホンを使用し, 食事の中断が減少した施設入所認知症高齢者の一例.(第49回日本作業療法学会)
2014/10 作業療法とA型ボツリヌス毒素治療における多施設間の連携-慢性期脳卒中片麻痺患者の一例-.(第8回日本作業療法研究学会学術大会)
2014/06 Neural mechanism of eating action: Clinical application for severe dementia.(16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 2014)
2013/11 施設入所認知症高齢者におけるImplicit memory(言外記憶)刺激を用いた介入が食事認識に及ぼす影響.(第13回東海北陸作業療法学会)
2011/11 Effects of mental sweating and skin blood flow during Trail Making Test.(Yonsei-Nagoya University Research Exchange Meeting on Health Science and Nursing,2011)
2010/11 Trail Making Testが精神性発汗と血管反応および主観的変化に及ぼす影響.(第10回東海北陸作業療法学会)
■ 所属学会
2023/05~ 日本作業療法研究学会
2021/04~ 日本認知症ケア学会
2015/04~2019/08 日本私立医科大学理学療法研究会
2010/04~ 愛知県作業療法士会
2010/04~ 日本作業療法士協会
■ 受賞学術賞
2023/11 日本作業療法学会 優秀演題賞 (地域在住高齢者における基本チェックリストの認知機能該当項目数と活動実施率との関連)
2014/09 日本作業療法研究学会学術大会 若手研究者優秀発表賞
■ 委員会・協会等
2022/05/07~ 日本作業療法士協会 教育部 部員
■ 資格・免許
2010/04/30 作業療法士
■ researchmap研究者コード
R000005333