(最終更新日:2020-04-30 14:16:14)
  コンドウ ユキコ   KONDO, Yukiko
  近藤 有希子
国際福祉開発学部 国際福祉開発学科
助教
■ 研究分野
アフリカ地域研究, 人類学 
■ 学歴
2010/03 京都大学 農学部 卒業
2017/03 京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 単位取得満期退学
■ 職歴
2017/04~2019/03 同志社大学 大学院グローバル・スタディーズ研究科 日本学術振興会特別研究員
2019/04~2020/03 日本福祉大学 国際福祉開発学部 国際福祉開発学科 助教
■ 業績(著書)
2014/06 『「開発」プロジェクトの現前化ーケニア、ルワンダ、ネパールにおける個人の生活世界の再編に着目してー』   (共著)
■ 業績(論文)
2019/06 「悲しみの配置と痛みの感知ールワンダの国家が規定するシティズンシップと人びとのモラリティー」(特集「国家と統治の人類学」) 『文化人類学』 84(1),58-77頁 (単著)
2019/03 「現代ルワンダの親密性ー継続する暴力下に生きる人びとの沈黙と応答能力の可能性ー」 京都大学  (単著)
2018/06 「暴力下のルワンダ農村社会における沈黙の共同性に関する人類学的研究ー安全への希求をめぐる生存実践の検討からー」 『Annual Report of the Murata Science Foundation』 (32),313-321頁 (単著)
2018/03 「農地から軍隊ヘー現代ルワンダ農村社会を生きる彼女たちの未来と選択ー」(特集「アフリカ紛争後社会と『若者』」) 『スワヒリ&アフリカ研究』 (29),38-63頁 (単著)
2015/12 「沈黙のなかの親密性ールワンダ南西部における『家族』の再編過程をめぐってー」 『アフリカ研究』 88,13-28頁 (単著)
■ 業績(その他)
2020/05 「哀惜のけしきー中村哲先生の訃報に接してー」 『西南学院同窓会報』 87,11頁 (単著)
2019/11 「紛争後社会ー生き残りの悲しみー」 松本尚之・佐川徹・石田慎一郎・大石高典・橋本栄莉(編)『アフリカで学ぶ文化人類学ー民族誌がひらく世界ー』 240-241頁 (単著)
2019/03 「珈琲と研究」 「太田さんとヤギを食べる会」実行委員会・太田さん退職記念文集編集部(編)『太田さん退職記念文集』 163-164頁 (単著)
2018/10 「ルワンダ」「ブルンジ」(情報提供) 中村和郎、次山信男、滝沢由美子(監修)『DOORドアー208の国と地域がわかる国際理解地図③アフリカー』 76-79頁 
2018/09 「ブルンジ難民とコンゴ難民」(パネル) 『アジア・アフリカの難民・避難民展』  (単著)
2018/06 「太鼓の轟きと人びとの沈黙ー虐殺後のルワンダにおける安全を希求する想像力と国家ー」 『日本文化人類学会第52回研究大会発表要旨集』 75頁 (単著)
2018/02 「『書く』ことをめぐる断章ールワンダにおける権威の理解に向けてー」 『火曜会通信』 (63) (単著)
2016/07 「紛争後の二元的カテゴリーに抗する女性たちの沈黙と応答能力の可能性ールワンダ虐殺追悼期間に着目してー」 『2015年度竹村和子フェミニズム基金事業成果報告書』  (単著)
2016/03 「ルワンダを知らない子」 西本希呼(編)『科学で旅する世界ーフィールドワークの現場からー』 22-24頁 (単著)
2015/06 「集村化政策にともなうトゥワの到来と近隣住民との社会関係」ほか計3件 太田至(編)『アフリカ紛争・共生データアーカイブ〈第2巻〉』 50-52頁 (単著)
2015/05 「沈黙への応答ールワンダ農村社会で曖昧なカテゴリーを生きぬくためにー」 『日本文化人類学会第49回研究大会発表要旨集』 97頁 (単著)
2015/04 「ひとを恃む」 『西南学院高等学校広報』 (37) (単著)
2013/11 「陽を待つひと」 『アジア・アフリカ地域研究』 (13-1),86-91頁 (単著)
2013 「ルワンダ」「ブルンジ」 『日本大百科全書(ニッポニカ)』  (共著)
2012/10 「沈黙の保ちかた」 『アジア・アフリカ地域研究情報マガジン』 (112) (単著)
2012/06 「ルワンダにおける『家族』の動態ー紛争後社会の親密性にかんする一考察ー」 『日韓次世代学術フォーラム第9回国際学術大会』 154-157頁 (単著)
■ 学会発表
2019/11/09 「沈黙する発話、情動する身体ールワンダに生き残る暴力の記憶と痛みへの想像力ー」(国際シンポジウム「共有できない平和/争いが移動する」)
2019/05/18 「到来する暴力の記憶ー虐殺後のルワンダにおける人びとの情動と痛みへの想像力ー」(日本アフリカ学会第56回学術大会)
2019/03/16 「現代ルワンダの親密性ー継続する暴力下に生きる人びとの沈黙と応答能力の可能性ー」(日本文化人類学会近畿地区研究懇談会2018年度修士論文・博士論文発表会)
2018/10/25 「討論」(講演会「『よそ者』の倫理ージェノサイド後のルワンダにおける和解への関わりー」(講師:佐々木和之))
2018/06/02 「太鼓の轟きと人びとの沈黙ー虐殺後のルワンダにおける安全を希求する想像力と国家ー」(分科会「国家への期待と想像力、秩序のための交渉と実践」)(日本文化人類学会第52回研究大会)
2018/05/26 「『書く』という出来事ールワンダにおける植民地的近代の暴力への拒否と寡黙さについてー」(日本アフリカ学会第55回学術大会)
2018/02/15 「『書く』ことをめぐる断章-ルワンダにおける権威の理解に向けてー」(同志社大学〈奄美-沖縄-琉球〉研究センター定例セミナー「火曜会」)
2018/01/27 「軍隊に託す未来ー現代ルワンダ農村社会を生きる彼女たちの選択ー」(日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(S)「『アフリカ潜在力』と現代世界の困難の克服ー人類の未来を展望する総合的地域研究ー」ジェンダー・セクシュアリティ班第8回研究会)
2018/01/12 「コメント」(講演会「『足元』からの平和構築ージェノサイド後のルワンダにおける障害者支援ー」(講師:ガテラ・ルダシングワ・エマニュエル、ルダシングワ(吉田)真美))
2017/10/13 "Response to Silence: Surviving as Ambiguous Categories in Post-Genocide Rural Rwanda"(The 7th Humanities Korea International Conference: Africa at Work in the Age of Globalization)
2017/07/11 "Intimacy in Silence: The Process of "Family" Reconfiguration in Southwestern Rwanda"(The 13th Meeting of the International Association of Genocide Scholars)
2017/07/01 「継続する暴力としての『平和』ー虐殺後のルワンダにおけるセキュリティの追求をめぐる社会関係ー」(海外学術調査フェスタ)
2016/12/11 "Aspiration for Fertility: Survival Practices over Land and Food in Southwestern Rwanda"(The 6th African Forum: African Potentials to Develop Alternative Methods of Addressing Global Issues)
2016/10/31 「未来を探す〈若者〉たちー虐殺後のルワンダにおける女性Aの選択を事例にー」(ワークショップ「アフリカ紛争後社会と〈若者〉」)
2016/06/04 「暴力を予感する『平和』ールワンダにおける現地調査の困難の経験からー」(日本アフリカ学会第53回学術大会)
2015/05/30 「沈黙への応答ールワンダ農村社会で曖昧なカテゴリーを生きぬくためにー」(日本文化人類学会第49回研究大会)
2014/02/14 "Reconfiguring Boundaries: The Actualization of 'Family' and Ethnicity in Rural Rwanda"(International Workshop on the Actualization of "Development" Projects: With a Focus on Rearrangement of Life-Worlds in Kenya, Rwanda, and Nepal)
2012/06/30 「ルワンダにおける『家族』の動態ー紛争後社会の親密性にかんする一考察ー」(日韓次世代学術フォーラム第9回国際学術大会)
2012/05/26 「紛争後ルワンダにおける親密圏の変容ー『家族』の再編過程に着目してー」(日本アフリカ学会第49回学術大会)
2012/03/17 「紛争後ルワンダにおける『家族』の再編過程に関する研究」(日本文化人類学会近畿地区研究懇談会2011年度修士論文・博士論文発表会)
全件表示(23件)
■ 所属学会
2012/12~ 日本文化人類学会
2012/03~ 日本アフリカ学会
■ 競争的資金等の研究課題
2019/08~2021/03 「現代ルワンダにおける暴力の記憶の分有と継承に関する人類学的研究」 
2017/04~2019/03 「アフリカ大湖地域における多元的な歴史の生成と暴力に抗する共生社会に関する研究」 
2016/07~2017/07 「暴力下のルワンダ農村社会における沈黙の共同性に関する人類学的研究ー安全への希求をめぐる生存実践の検討からー」 
2016/03~2016/06 「紛争後の二元的カテゴリーに抗する女性たちの沈黙と応答能力の可能性ールワンダ虐殺追悼週間に着目してー」 
2015/04~2016/02 「ルワンダ農村社会におけるリスクと不確実性への対処にかんする研究ー生存を支える親密な関係性の醸成と維持に向けてー」 
2012/04~2015/03 「紛争後ルワンダにおける孤児の社会的ネットワークと『家族』の動態」