(最終更新日:2020-04-05 15:27:03)
  ヤマガミ トシヒコ   YAMAGAMI, Toshihiko
  山上 俊彦
経済学部 経済学科
教授
■ 研究分野
応用経済学 
■ キーワード
労働市場の制度・慣習・法制度, 労働市場政策, 人口減少, 高齢化社会, 婚姻・家族形成, 就業・出産行動 
■ 学歴
1981/03 京都大学 経済学部 卒業
1988/12 ウィスコンシン大学ミルウォーキー校大学院 修了 経済学修士(ウィスコンシン大学ミルウォーキー校)
■ 職歴
1981/04~1993/01 日本道路公団
1993/03~1994/03 住友生命総合研究所副主任研究員
1994/04~2001/04 住友生命総合研究所主任研究員
2001/04~2004/12 住友生命総合研究所上席主任研究員
2005/04~ 日本福祉大学 経済学部 経済学科 教授
■ 主な研究テーマ
労働市場における制度・慣習の研究 
人口問題の経済学からのアプローチ 
■ 業績(論文)
2019/09 「サーチ理論と転職行動」 『日本福祉大学経済論集』 (第59号),171-201頁 (単著)
2019/03 「「階層ベイズ法」によるツキノワグマ生息数推定の批判的検討
―状態空間モデルとの関連からの再考―」 『日本福祉大学経済論集』 (第58号),131-158頁 (単著)
2017/09 「サーチ理論による雇用調整助成金の評価」 『日本福祉大学経済論集』 (第55号),1-32頁 (単著)
2017/03 「北海道庁によるヒグマ生息数の推定値の批判的検討」 現代と文化 (第135号),1-21頁 (単著)
2016/09 「サーチ理論による雇用保護立法の評価(その2)」 『日本福祉大学経済論集』 (第53号),39-69頁 (単著)
2016/07 「最近のクマ類生息個体数を考える」 日本奥山学会誌 第4巻(第1号),29-49頁 (単著)
2016/03 「サーチ理論による雇用保護立法の評価(その1)」 『日本福祉大学経済論集』 (第52号),97-126頁 (単著)
2014/09 「サーチ理論と賃金構造(その2:賃金・在職期間契約の場合)」 『日本福祉大学経済論集』 (第49号),93-119頁 (単著)
2014/09 「階層ベイズ法によるクマ類生息個体数推定についての検討」 『日本福祉大学研究紀要 現代と文化』 (第130号),15-44頁 (単著)
2014/03 「サーチ理論と賃金構造(その1:対抗提案の場合)」 『日本福祉大学経済論集』 (第47・48合併号),45-70頁 (単著)
2012/09 「サーチ理論と賃金格差」 『日本福祉大学経済論集』 (第45号),93-119頁 (単著)
2011/09 「サーチ理論と均衡失業率-2010年ノーベル経済学賞に寄せて-」 『日本福祉大学経済論集』 (第43号),127-152頁 (単著)
2010/09 「日本における貧困議論の現状と展望」 『日本福祉大学経済論集』 (第41号),173-200頁 (単著)
2009/09 「住宅補助政策の効率性測定に関する考察」 『日本福祉大学経済論集』 (第39号),33-56頁 (単著)
2009/03 「オーストラリアの職安改革-市場的機能の役割と準市場の構築-」 『日本福祉大学経済論集』 (第38号),1-26頁 (単著)
2007/08 「労働組合組織率低下と賃金設定」 『日本福祉大学経済論集』 (第35号),71-93頁 (単著)
2007/03 「労働市場の不均衡と構造的失業」 『日本福祉大学経済論集』 (第34号),23-46頁 (単著)
2003/09 「社会保障制度の変化と個人行動への影響」 『地銀協月報』 No.519,11-20頁 (単著)
2003/05 「日本の雇用調整と実質賃金の伸縮性」 『国民経済』 No.166,19-40頁 (単著)
2002/09 「生命保険需要のミクロ経済分析」 『生命保険経営』 Vol.70(No.5),11-29頁 (共著)
全件表示(27件)
■ 業績(その他)
2010/03 「春闘の課題は賃金体系の二重構造の見直しだ」 『エコノミスト』 (2010年3月2日号),72-74頁 (単著)
2009/05 「日本の雇用保険には「大穴」が空いているのか」 『エコノミスト』 (2009年5月26日号),40-41頁 (単著)
2006/02 「ベア復活が「格差社会」を助長する」 『エコノミスト』 第84巻(第11号),84-87頁 (単著)
1992/09 <翻訳>モリソン「道路価格形成の概観」(下) 『高速道路と自動車』 第35巻(第9号),61-67頁 (単著)
1992/08 <翻訳>モリソン「道路価格形成の概観」(上) 『高速道路と自動車』 第35巻(第8号),44-51頁 (単著)
1990/10 <翻訳>ニューベリー「道路損傷の外部性と道路使用者料金」 (下) 『高速道路と自動車』 第33巻(第10号),50-57頁 (単著)
1990/09 <翻訳>ニューベリー「道路損傷の外部性と道路使用者料金」 (上) 『高速道路と自動車』 第33巻(第9号),45-53頁 (単著)
■ 所属学会
2006/08 日本労使関係研究協会
2006/03 日本保険学会
2005/10 日本人口学会
1992/10 日本交通学会
1983/03 日本地域学会
2010/09 進化経済学会
2012/05 環太平洋産業連関分析学会
■ 主要学科目
労働経済学、社会政策