(最終更新日:2020-07-10 17:23:47)
  ヤマダ ソウシロウ   YAMADA, Soshiro
  山田 壮志郎
社会福祉学部 社会福祉学科
准教授
■ 研究分野
社会福祉学 
■ キーワード
公的扶助、貧困、ホームレス 
■ 学歴
1999/03 日本福祉大学 社会福祉学部 卒業
2009/03 日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 修了 博士(社会福祉学)
■ 職歴
2004/04~2008/03 岐阜経済大学経済学部専任講師
2008/04~2010/03 岐阜経済大学経済学部准教授
■ 主な研究テーマ
貧困問題の実態(特にホームレス問題)からみた公的扶助の課題 
生活保護利用者の生活実態 
貧困ビジネスの現状と政策課題 
■ 業績(著書)
2020/07 『ホームレス経験者が地域で定着できる条件は何か;パネル調査からみた生活困窮者支援の課題(山田壮志郎編)』   (共著)
2017/09 『低所得者への支援と生活保護制度 第4版』  159-176頁 (共著)
2016/04 現代の貧困と公的扶助   (共著)
2016/02 無料低額宿泊所の研究-貧困ビジネスから社会福祉事業へ   (単著)
2014/10 『社会福祉研究のフロンティア』  112-115頁 (共著)
2014/05 『社会福祉学事典』  480-481頁 (共著)
2013/08 『Q&A 生活保護利用ガイド-健康で文化的に生き抜くために』  2-4,16-37頁 (共著)
2009/09 『ホームレス支援における就労と福祉』   (単著)
2009/04 『低所得者への支援と生活保護制度』   (共著)
■ 業績(論文)
2020/06 公的扶助論の受講が生活保護の漏給防止意識に及ぼす影響 貧困研究 80-90頁 (共著)
2020/03 生活保護の受給抑制志向に関連する要因‐SPSC調査データの2次分析から‐ 中部社会福祉学研究 (11),43-54頁 (単著)
2019/05 生活困窮者の居住支援をめぐる法改正の動向と課題 月刊福祉 102(5),50-51頁 (単著)
2018/11 生存権保障の不備と生活保護バッシング 人権と部落問題 (917),6-12頁 (単著)
2017/07 生活保護とソーシャルアクション : 大衆誌報道に見る生活保護への価値意識 社会福祉研究 (129),42-49頁 (単著)
2017/01 ホームレス 治療 99(1),73-77頁 (共著)
2016/12 ホームレス対策は生活困窮者自立支援法に移行できたか?-借り上げシェルターから一時生活支援事業への移行を中心に 貧困研究 (17),79-82頁 (単著)
2016/07 生活保護制度に対する厳格化志向の関連要因-インターネットによる市民意識調査 貧困研究 (16),101-115頁 (共著)
2016/02 現代の貧困と生活保護の役割 『日本の科学者』 51,6-11頁 (単著)
2015/03 「生活保護制度に関する市民意識調査」 『日本福祉大学社会福祉論集』 (第132号),53-67頁 (単著)
2013/05 「生活保護利用世帯は電気製品をどれだけ購入しているのか?」 『賃金と社会保障』 (1586),21-26頁 (単著)
2013/03 「ホームレス状態の解消と持続する排除-社会的包摂志向のホームレス対策に向けて-」 『日本福祉大学社会福祉論集』 (第128号),51-65頁 (単著)
2012/06 「無料低額宿泊所および法的位置づけのない施設に関する厚生労働省調査」 『貧困研究』 (8),108-122頁 (共著)
2012/05 「書評りぷらい:ホームレス支援における就労と福祉」 『社会福祉学』 53案(1号),154-156頁 (単著)
2012/05 「無料低額宿泊所の現状と生活保護行政の課題」 『社会福祉学』 53巻(1号),67-78頁 (単著)
2011/05 「無料低額宿泊所問題対策の動向と課題」 『季刊公的扶助研究』 (第221号),23-32頁 (単著)
2010/10 「自立支援事業をどう評価するか?」 『ホームレスと社会』 (Vol.3),26-31頁 (単著)
2008/06 「「自治体ホームレス対策状況」にみるホームレス対策の課題」 『賃金と社会保障』 (1468号),18-32頁 (単著)
2008/02 「ホームレスの多様性と複線的アプローチ-自立支援センターの支援記録にみるホームレス対策の課題-」 『社会福祉学』 第48巻(4号),17-29頁 (単著)
2007/11 「誰のための自立支援プログラムか?-生活保護制度改革と「自立支援」の混乱-」 『岐阜経済大学論集』 第41巻(1号),117-150頁 (単著)
全件表示(30件)
■ 業績(その他)
2017/06 貧困に関する政策おおよび運動情報 2016年7月~2016年12月 『貧困研究』 18 (単著)
2008/09 <調査報告>「愛知県ホームレス自立支援施策等実施計画」評価報告書   (共著)
2007/09 <調査報告>次期「名古屋市ホームレス自立の支援等に関する実施計画」の策定に関する調査報告   (共著)
2006/02 <調査報告>自立支援プログラムに関するアンケート調査報告書   (共著)
2004/03 <調査報告>アパートなどで生活している人への支援に関するアンケート報告書   (共著)
2002/12 <調査報告>名古屋市「ホームレス」聞取り調査等に関する最終報告書   (共著)
■ 学会発表
2019/12/08 生活保護の漏給防止志向はどのように形成されるのか?―福祉系大学における「公的扶助論」受講者調査より―(貧困研究会第12回研究大会)
2019/10/20 生活保護受給者の剥奪とスティグマ―ホームレス経験者の生活実態調査から―(社会政策学会第139回(2019年秋季)大会)
2019/09/21 生活保護制度に対する厳格化志向の変化と関連要因-インターネット調査の結果から-(日本社会福祉学会第67回秋季大会)
2018/09/15 生活保護に対する市民意識に関する予備的研究 -SPSC調査データの2次分析からみた受給抑制志向の関連要因-(社会政策学会第137回(2018年度秋季)大会)
2018/09/08 ホームレス状態の人々を支援する運動(日本社会福祉学会第66回(2018年度)秋季大会・大会校企画シンポジウム)
2016/09/20 無料低額宿泊所入所者の居宅移行に向けた支援課題(日本社会福祉学会第63回(2015年度)秋季大会)
2014/10 誰が生活保護をバッシングしているのか?-インターネット調査の結果を手がかりに―(社会政策学会第129回(2014年秋季)大会)
2014/06 生活困窮者支援の課題―2つの調査研究を手がかりに―(日本ソーシャルワーク学会第31回大会)
2014/04 生活保護の動向と制度・受給者をめぐるスティグマ(日本社会福祉学会中部部会春の例会)
2013/11 無料低額宿泊所等に関する福祉事務所へのアンケート-中間報告-(貧困研究会第6回研究大会)
2013/10 ホームレス経験者が抱える社会的困難(第72回日本公衆衛生学会総会)
2013/09 居宅生活に移行したホームレス経験者の生活実態(日本社会福祉学会第61回秋季大会)
2012/10 <書評>垣田裕介『地方都市のホームレス-実態と支援策』(社会政策学会第125回大会)
2011/10 貧困ビジネスの現状からみた生活保護行政の課題-無料低額宿泊所問題を中心に-(日本社会福祉学会第59回秋季大会)
2011/09 日本における貧困の実態と政策課題
2010/06 ホームレス状態の解消と持続する排除
2007/01 ホームレスと自立支援-<排除>された人々と<包摂>の実践-
2006/12 ホームレス自立支援事業の成果と課題
2006/10 ホームレス自立支援センターにおける支援のあり方に関する研究
2004/10 ホームレス状態を「脱却」した後の生活状況に関する研究
全件表示(22件)
■ 所属学会
1999/04~ 日本社会福祉学会
1999/04~ 日本福祉大学社会福祉学会
2004/04~ 社会政策学会
2007/04~ 貧困研究会
2015/12 ∟ 運営委員
2020/01~ 日本老年社会科学会
■ 受賞学術賞
2010/06 社会政策学会 第16回社会政策学会学会賞(奨励賞)
■ 社会における活動
2000/11~ 全国公的扶助研究会 会員
2007/02~2007/02 「ホームレスの実態に関する全国調査」 調査企画委員
2008/04~2009/03 第Ⅱ期名古屋市ホームレスの自立の支援等に関する実施計画の策定に関するアドバイザー委員会 委員
2010/04~ 貧困ビジネス対策全国連絡会 代表
2012/01~2012/02 ホームレスの実態に関する全国調査 調査企画委員
2012/09~2013/03 愛知県 「第2期愛知県ホームレス自立支援施策等実施計画」評価委員
2012/07~2013/03 名古屋市 「第2期名古屋市ホームレスの自立の支援等に関する実施計画」評価委員
2012/10~ 特定非営利活動法人ささしまサポートセンター 副理事長・事務局長