オバヤシ カズコ   OBAYASHI, Kazuko
  尾林 和子
福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科
教授
発表年月日 2019/12/14
発表テーマ 介護現場での「会話、生体センサー」デバイスを結合した見守りシステムの導入が被験者、介護者に与える影響
発表学会名 第15回東京都福祉保健医療学会
主催者 東京都
学会区分 地方学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 東京都福祉医療人材研修センター茗荷谷
発表者・共同発表者 尾林和子、近藤洋正、岡本佳美、近藤崇之、石井陽子、高橋信乃、小舘尚文、増山茂
概要 介護現場での「会話、生体センサー」デバイスを結合した見守りシステムの導入によって、被験者の会話寮、活動量等統計学的に有意となり、ADLの向上がみられた。さらに見守りカメラの設置によって夜間介護者がナースコールへの駆けつける回数が劇的に減少し、与える影響は非常に大きかった。介護者の負担軽減に大きく貢献した。