ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
発表年月日 2006/12/01
発表テーマ 質的データ分析ソフトウェア(Atlas.ti)を用いた分析の実際
発表学会名 第26回日本看護科学学会学術集会
開催地名 兵庫県神戸市
発表者・共同発表者 深堀浩樹、安保寛明
概要 現在、質的研究を支援するためのコンピューターソフト(CAQDAS)の1種である「ATLAS.ti」を、実際の分析に活用している。その経験からCAQDASは、質的研究の遂行とソフトウェアの操作法の両方にある程度習熟した研究者が、自らの研究目的や分析方針に応じ自律的に活用すれば、データ分析のスピードを向上させたり、研究結果の研究者間での共有を容易にしたりといったメリットがあると考えている。一方で、ソフトウェアの操作法に習熟していない場合には、質的データの解釈がソフトウェアの機能によって狭められたりするなどの危険性も感じている。そこで、現在取り組んでいる質的研究のデータを用いて、ATLAS.tiを用いた分析過程の実際を紹介する。日本語環境下でのCAQDASの活用のあり方について議論し、将来的には質的研究におけるコンピュータの活用に関心を持つ看護学の研究者・実践家のネットワークの構築の一助としたい。(口演)