ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
発表年月日 2016/09/08
発表テーマ 家族支援の現状と課題ー英国メリデン版訪問家族支援プログラム導入を目指してー
発表学会名 第28回日本精神科医学会学術教育研修会看護部門
主催者 日本精神科医学会
学会区分 全国学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
単独共同区分 共同
開催地名 北海道,札幌
発表者・共同発表者 佐藤純、吉野嘉寿美、酒井一浩、大野美子 小松容子
概要 メリデン版訪問家族支援は、認知行動療法を中心とした心理教育的家族支援モデルで、ケアマネジメントをベースにした「単家族」に対する「訪問型」支援である。日本における家族支援の主流は、「集団」に対する「来所型」の集団心理教育となっており、各々の家族のニーズに対する支援が難しかったり、病状の悪い当事者本人を家に置いていけない家族にとっては手の届かない支援となっている。こういった状況にチャレンジし、重症な精神疾患を抱える当事者を支える家族もまるごとのリカバリーを目指そうと、現在メリデン版訪問家族支援(日本版)の日本での普及を目指している。 今回のワークショップでは、メリデン版訪問家族支援の概要と技術の説明、そしてグループワーク形式によるセッションの体験を通して、当支援について学びあう機会を作った。