ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
発表年月日 2013/05/01
発表テーマ 透析患者の自殺に遭遇した看護師のサポートグループのプロセスと変化
発表学会名 第12回日本トラウマティック・ストレス学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
開催地名 東京都豊島区
発表者・共同発表者 服部希恵、岡山ミサコ、江崎真知子、田中敦子
概要 サポートグループのプロセスと変化について明らかにすることを目的とする。透析患者の自殺に直接的または間接的に遭遇した体験をもつ看護師とする。サポートグループを計10回行った。サポートグループの逐語録、サポートグループ終了後の感想、ファシリテーター振り返りの記録から、話し合われたテーマ、ファシリテーターの介入や要因、対象者の変化が表れている部分を抽出し、サポートグループのプロセスと変化を分析した。サポートグループでは、自殺に遭遇した患者の鮮明な状況描写が行われたがその語りには感情が表現されなかった。ひとしきり語った後、改めて患者の背景を分析することで忘れていた感情を思い出した。その後、現在の患者が示す「死にたい」気持ちを許容し、自己の死生観の洞察を深めることとなった。サポートグループでは、過去の感情や自己の死生観で意味づけられていた患者の自殺体験が、自己の死生観、感情に直面し再度自殺の背景を分析することで異なった意味に再構築され、そのプロセスを通じグリーフケアが行われたと考える。(示説)