ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
発表年月日 2009/06/01
発表テーマ The group dynamics related to the aggressive behaviors of male children and adolescents in psychiat ric ward.(児童青年精神科思春期男子病棟における問題行動とグループダイナミクスに関する研究)
発表学会名 The 24th International Council of Nurses (ICN) Quadrennial Congress、 Durban、 South Africa.第24回国際看護協会4年毎学会)
開催地名 南アフリカ共和国ダーバン
発表者・共同発表者 土田幸子
概要 マイクロ・エスノグラフィーを用いて、児童青年精神科思春期男子病棟という特定の集団における少年の攻撃行動に関るグループダイナミクスを明らかにした。入院治療中の11歳~15歳の少年15名とナース16名を対象に6ヶ月間の参加観察を行った。再構成した場面における少年の行動には『身体的攻撃』、『言語的攻撃』、『心理的攻撃』がみられた。これらの攻撃行動の発生とそれをエスカレートあるいは沈静に導く経過を秒党内のグループダイナミクスに焦点をあてて観察し分析した。少年から少年にむけられた攻撃行動には、『相手の感情を確かめる』、『存在感をアピールする』、『優越感を得る』の意味があった。少年らは、相手の評価や集団の受け入れ状況を敏感に感じ取り、それに対する反応として攻撃行動をとった。少年らの行動の特徴として『力関係を重視する傾向』が認められた。少年の攻撃行動を防止あるいはそれをエスカレートさせないためには、一貫した姿勢でわかりやすく伝えること、注目しないといった対応ではなく見守る姿勢を示すこと、力関係を感じさせない安心な環境を提供することが重要であることが示唆された。(示説)