ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
発表年月日 2008/12/01
発表テーマ 精神科病棟における看護師の身体合併症の見極め行動の特徴
発表学会名 第28回日本看護科学学会学術集会
開催地名 福岡県福岡市
発表者・共同発表者 田中敦子
概要 量的記述研究により精神科看護師の心身状況の見極め行動の特徴を明らかにした精神科に勤務する看護師134名に、精神科における身体的ケア認識、患者の状態変化に対する心身状況の見極め行動について集合面接調査実施した。因子分析の結果、「身体的異常を見極めるための観察行動」「精神的・身体的異常を見極めるための積極的かかわり行動」「精神的変化を想定した回避的行動」「精神的変化を想定した積極的かかわり行動」の4つの構成概念を抽出した。身体的ケア認識について、約60%の対象者が患者の身体合併症併発の危機感を抱いていたが、約50%の対象者は身体的ケアに関する負担感や自信のなさを抱いていた。負担感、苦手意識などの身体的ケア認識、一般科経験、身体疾患・ケア研修経験、と「身体的異常を見極めるための観察行動」との間に有意差があった。身体的ケアに関する自信のなさは、「精神的変化を想定した回避的かかわり行動」、「精神的変化を想定した積極的かかわり行動」との間に有意差があった。苦手意識や自信のなさは、一般科経験、身体疾患・ケア研修、総合病院精神科病棟経験のない対象者の方がより強く認識していた。身体的ケアに関する自信向上を目指した教育研修を考えていく必要がある。(口演)