ニイミ アヤコ   NIIMI, Ayako
  新美 綾子
看護学部 看護学科
准教授
発表年月日 2017/08
発表テーマ 擦式アルコール製剤を用いた手指衛生における塗残しに関する文献検討
発表学会名 日本看護研究学会第43回学術集会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県東海市
発表者・共同発表者 水越秋峰、宮腰由紀子、新美綾子、渡邉亜紀子、西土泉、加藤治実
概要 擦式アルコール製剤(Alcohol-based Hand Rub, AHR)を用いた手指衛生において発生する塗り残しに関する、国内外の文献を検討した。データベース検索により日本語279件、英語152件の文献を抽出し、最終的に15件を検討の対象とした。結果、AHRを用いた手指衛生において、塗り残しが発生する可能性があることが確認されたが、その発生
部位や頻度は報告によって異なっていた。薬剤の種類、1回使用量、使用者の手技をはじめ、塗り残しは多様な要因により生じると推察され、確実性の高い手技の提案が求められる。塗り残しの測定方法は研究によって異なり、特に染料を用いた2方向からの評価は、手の側面・指間部・指先等の塗り残しを見落とす可能性があることが明らかになった。