ニイミ アヤコ   NIIMI, Ayako
  新美 綾子
看護学部 看護学科
准教授
発表年月日 2017/08
発表テーマ 清拭に対する看護師の思い―用いるタオルの種類での比較-
発表学会名 日本看護研究学会第43回学術集会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県東海市
発表者・共同発表者 加藤治実、新美綾子、渡邉亜紀子、水越秋峰、西土泉
概要 綿タオル使用看護師、化繊タオル使用看護師の清拭に対する思いを明らかにする。A県内にある病床数200床以上の14病院の病棟で勤務する看護師を対象とした調査で、自由記述の85人分の記述を質的に分析した。綿タオル使用者の清拭に対する思いは<感染予防ができているか不安><保温が保てない><拭くだけで皮膚の清潔が保てるか疑問><化繊と比較した綿タオルの優位性>の4カテゴリーが抽出された。化繊タオル使用者の清拭に対する思いは<すぐ使用できるので便利><使い捨てなので衛生的>、<タオルが薄く小さい><すぐに冷める>、<患者が満足できるケアであるか疑問>の5カテゴリーが抽出された。