オカダ ユカ   OKADA, Yuka
  岡田 由香
看護学部 看護学科
教授
発表年月日 2010/03
発表テーマ 幼児の母親がわが子に行う性教育についての実態と意識
発表学会名 第24回日本助産学会学術集会(茨城県つくば市)
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 共同発表者:野村奈央、神谷摂子、岡田由香
概要 幼児の母親がわが子に対して幼児期までに行っている性教育の実態と今後わが子に性教育を行うことへの母親の意識を明らかにするために幼稚園に通園している幼児の母親に質問紙調査を行った。480部配布し、有効回答279部(58.1%)のデータから分析した結果、性教育を少しでも行ったことがある母親は、34.1%でその6割が子供に質問されたことがきっかけとなり、質問に対して口頭で「話して聞かせていた」。今後性教育を行おうと思っている母親は67.7%であった。性教育を実施した母親の86.3%が「言葉の使い方」「教える範囲・程度」等で悩み、母親自身が何らかの支援を望んでいる現状が明らかとなった。(示説)