タナカ アツコ   TANAKA, Atsuko
  田中 敦子
看護学部 看護学科
助教
発表年月日 2012/11
発表テーマ 児童・思春期精神科病棟に勤務する看護師の看護実践に対する認識 第1報困難を感じることに焦点を当てて
発表学会名 第32回日本看護科学学会学術集会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京
発表者・共同発表者 船越明子、土田幸子、土谷朋子、田中敦子、服部希恵、宮本有紀、郷良淳子、アリマ美乃里
概要 児童・思春期精神科病棟に勤務する看護師を対象に、看護において感じる困難を明らかにすることを目的として、「困難または疑問を感じていること」について、自由記載による自記式質問紙調査を実施し、内容分析を行った。看護師が心理的な負担を感じるなどの暴力・暴言への対応や、家族が精神面で問題を抱えているなど家族への支援についての困難が多く挙げられた。看護実践の質の向上にむけて、看護師が感じる困難をふまえた臨床での研修・教育の実施が求められると結論付けた。