ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
発表年月日 2015/06
発表テーマ The role of TRP channel related to thermal effects during carbon dioxide-rich water immersion. (高濃度人工炭酸泉浸漬時の温度感覚上昇に寄与するTRPチャネルの役割)
発表学会名 第92回日本生理学会大会
主催者 日本生理学会大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 兵庫県神戸市
発表者・共同発表者 Nishimura N、Iwase S、Uta D、Sato M(1番目)
概要 高濃度炭酸泉への浸漬時にみられる温度感覚上昇とTRPチャネルの関わりについて検討した。本研究の結果、TRPV1を活性化するカプサイシンの塗布時には、炭酸泉浸漬による温度感覚の明らかな上昇を発現させ、またTRPM8を活性化させるメントール塗布による冷感は炭酸泉への浸漬により抑制された。これらの結果は、経皮的に吸収されたCO2が、皮膚感覚神経末端に存在するTRPV1もしくはTRPM8を修飾させた結果であると考えられた。
担当部分:研究統括