ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
発表年月日 2012/11
発表テーマ ISSで運用可能な改良型人工重力負荷+運動負荷装置の効果
発表学会名 日本宇宙航空環境医学会第58回大会
主催者 日本宇宙航空環境医学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県豊橋市
発表者・共同発表者 西村直記、岩瀬敏、田中邦彦、間野忠明(1番目)
概要 国際宇宙ステーション(ISS)内での運用可能な改良型人工重力負荷+運動負荷装置の効果について検討した。本研究の結果、10日間の模擬微小重力曝露(-6°ヘッドダウンベッドレスト)後の起立耐性低下の指標としての耐Gスコアは、対抗措置により抑制できた。また、対抗措置により骨形成マーカーであるオステオカルシンの低下は抑制できたが、その他のマーカーに対する効果が認められなかったことから、更なる改良が必要であると考えられた。
担当部分:実験データ取得