ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
発表年月日 1994/09
発表テーマ 長時間歩行運動時の主動筋に対する局所温・冷効果
発表学会名 第49回日本体力医学会大会
主催者 日本体力医学会大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県名古屋市
発表者・共同発表者 西村直記、宮側敏明、前田如矢(1番目)
概要 腰部までの水位にて60分間の水中トレッドミル歩行を実施した際の、下肢筋に対する温冷効果について検討した。本研究の結果、水温34℃での生体負担度が最も小さく、水温22℃のような低水温ではふるえ熱産生による代謝量の増加を引き起こし、水温40℃のような高水温では心拍数の増加や深部体温の上昇を引き起こした。同一強度の運動であっても、水温の違いによる体熱平衡バランスの差異が、体温調節機能や循環機能に大きく影響することが明らかとなった。
担当部分:研究統括