ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
発表年月日 2009/07
発表テーマ 高濃度人工炭酸泉への入浴が夜間睡眠におよぼす効果
発表学会名 第17回日本運動生理学会
主催者 日本運動生理学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 東京都港区
発表者・共同発表者 西村直記、菅屋潤壹、岩瀬敏、西村るみ子(1番目)
概要 高濃度人工炭酸泉浴による疲労回復効果について検討した。本研究の結果、迷走神経活動の指標である心拍変動のHF成分は、炭酸泉浴後の睡眠中でさら湯浴後よりも大きく、リラックス感が高まることが明らかとなった。また、入眠潜時の短縮や、より深い睡眠深度が得られたことから、炭酸泉入浴後の睡眠は、入眠時の深部体温の低下を促進させると共に、迷走神経活動を上昇させることで、より深い睡眠が得られる入浴方法であることが明らかとなった。
担当部分:研究統括