ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
発表年月日 2005/09
発表テーマ Comparison of thermoregulatory responses in artificially CO2-enriched water bathing and tap water bathing at different water temperatures. (異なる水温下での高濃度人工炭酸泉浴時の体温調節応答)
発表学会名 6th International Head-Out Water Immersion Symposium
学会区分 国際学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県愛知郡長久手町
発表者・共同発表者 Nishimura N、Iwase S、Inukai Y、Sato M、Taniguchi Y、他1名(1番目)
概要 水温34℃、37℃および40℃での高濃度人工炭酸泉浴中の体温調節反応について、同じ水温でのさら湯浴と比較・検討した。本研究の結果、中性水温下(34℃)での炭酸浴中では、さら湯浴中と比較して深部体温の低下がより大きく、他方、高水温下での炭酸浴中では、さら湯浴中と比較して深部体温の上昇が抑制された。これらのことは、日常的に我々が行っている高水温での入浴は、炭酸浴を行う事によりより安全であることを示唆するものである。
担当部分:研究統括