ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
発表年月日 2000/08
発表テーマ 発汗活動と皮膚血流量との関係 -軸索反射性発汗における検討-
発表学会名 第8回日本発汗学会
主催者 日本発汗学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県名古屋市
発表者・共同発表者 西村直記、松本孝朗、西山哲成、加藤雅子、坂本(犬飼)洋子、他4名(1番目)
概要 ニコチン投与により誘発された軸索反射性発汗時にみられる皮膚血管拡張反応の機序について検討した。本研究の結果、ニコチンの皮内投与直後から皮膚血流量の増加が認められ、数秒の潜時をおいて投与部位とその周辺部位に軸索反射性の発汗がみられた。アトロピンにより軸索反射性発汗をブロックしても皮膚血流量は減少しなかったことから、軸索反射性発汗時の皮膚血流量の増加は、発汗活動によるものではなく、各種の神経ペプチドが汗腺周囲の皮膚血管拡張作用に関与した結果であると思われる。
担当部分:研究統括