フルザワ アヤコ   FURUZAWA, Ayako
  古澤 亜矢子
看護学部 看護学科
准教授
発表年月日 2008/07
発表テーマ 自閉症のこどもの行動特徴と母親の育児ストレス、QOL、家族機能との関連
発表学会名 第18回日本小児看護 学会学術集会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県名古屋市
発表者・共同発表者 浅野みどり、大橋幸美、吉田久美子、門間晶子
概要 育児過程における母親の育児ストレスに着目し、家族の生活の質を向上するための家族支援ニーズの明確化に向けて、母親が認識している自閉症の子どもの行動特徴と母親の育児ストレス、QOL、家族機能との相互関係について明らかにすることを目的に、3~6歳児の自閉症をもつ母親149名に、WHO-QOL、FAI、PS-SF、自閉症の行動特徴質問紙を使用した。結果、半数以上が心身に何らかの不調を訴え、PS-SFの母親自身に関わる育児ストレスがQOL、家族機能の双方と中等度以上の負の相関を示していた。そのため、子どもだけでなく母親自身の育児ストレスを緩和することがQOL向上につながり、良好な家族機能にもつながることが示唆された。