フルザワ アヤコ   FURUZAWA, Ayako
  古澤 亜矢子
看護学部 看護学科
准教授
発表年月日 2007/07
発表テーマ 自閉症児の行動特徴が家族と社会の関係に及ぼす影響‐自閉症の子どもの医療現場に関する家族の語りから‐
発表学会名 家族看護学研究 第13巻第2号 p.100
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 浅野みどり、大橋幸美、佐合真紀、門間晶子、米山加奈
概要 自閉症の行動特徴が、家族と社会にどのように影響するかを、医療現場に注目して調査をした。対象は、自閉症を抱える母親15名で、Foucus Group Interviewを行なった。「自閉症という外から見えにくい障害特性」への社会的理解を新党すること、医学・看護学において現状では不足している「自閉症に関する教育」を補強することが必要であり、これらが、家族と社会との関係性の変化を促進することにつながること示唆された。(示説)