ハダ ユキ   HADA, Yuki
  羽田 有紀
看護学部 看護学科
助教
発表年月日 2011/12
発表テーマ 精神障がい者が闘病体験を語ることによる自己変容のプロセス
発表学会名 第31回日本看護科学学会学術集会
主催者 日本看護科学学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 高知県高知市
発表者・共同発表者 松田陽子、船越明子、羽田有紀、服部希恵、田中敦子
概要 精神障がい者が自身の闘病体験を語ることによって生じる自己変容のプロセスとその影響要素を明らかにすることを目的に、闘病体験を語った経験のある精神障がい者2名にインタビューを行った研究の成果を発表した。精神障がい者が自身の闘病体験を語ることによって、自身の自己肯定感を向上させるプロセスが明らかになった。精神障がい者の自己肯定感の向上のためには、当事者が話す機会、身近な周囲のサポート、話す活動の継続の必要性が示唆された。