ハダ ユキ   HADA, Yuki
  羽田 有紀
看護学部 看護学科
助教
発表年月日 2013/12
発表テーマ 地域住民の自殺を考えた経験の有無に影響を与える要因~性差による比較~
発表学会名 第33回日本看護科学学会学術集会
主催者 日本看護科学学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 大阪府大阪市
発表者・共同発表者 羽田有紀、船越明子、新地恵都子、松田陽子
概要 三重県内の自殺率が高いA地域は特に男性の自殺率が高い状況である。そのため、A地域において、自殺を考えた経験の有無に影響を与える要因の男女による違いを明らかにすることを目的に、A地域に住民登録されている20歳以上の住民2,016人を無作為抽出し、自記式質問紙調査を行った成果を発表した。性別により、自殺を考えた経験の有無に影響を与える要因は異なり、自殺対策は性別により考慮する必要があることが示唆された。