エムラ カズヒコ   EMURA, Kazuhiko
  江村 和彦
教育・心理学部 子ども発達学科
准教授
発表年月日 2013/05/10
発表テーマ しなやかな心と体を拓 く自然保育4
発表学会名 日本保育学会第 66 回大 会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
概要 児童発達支援センターの子どもたちを対象に土粘土の粉を使った遊びを展開した中で、人の全盲の児童に焦点を当てて保育者との関わり方との中で児童が素材によりどのように成長していったかの実践報告である。対象児童の年中の泥遊びでの様子と年長での粘土遊びの感触遊びの様子を比較したピデオで詳細に解説し、児童自身の意欲の変化が感触と保育者との関わりからもたらされるのではないかと報告した。