ハシモト ヨウジ   HASHIMOTO, Yoji
  橋本 洋治
教育・心理学部 子ども発達学科
准教授
発表年月日 2015/05/10
発表テーマ 保育観の変容に関する一考察-実習時のプロセスレコード分析から-
発表学会名 日本保育学会第68回大会
主催者 一般社団法人日本保育学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 愛知県(椙山学園大学)
発表者・共同発表者 岡林恭子・村松十和・橋本洋治
概要 本研究の目的は、保育者を目指す学生の子どもとの関わりのプロセスから、保育観がどのように構成され変容していくのかを明らかにすることである。研究対象は短期大学専攻科生5名、研究期間は2013年5月中旬から12月中旬であった。その間に、2ヶ月に1回のプロセスレコードの提出(全4回)、及びカンファレンスを実施し、保育の振り返りを行った。その結果、長期にわたる実習の中で、学生は直接的な子どもとの関わりの中で、保育を振り返りながら保育観を広げたり深めたりしていくものであることが明らかになった。また保育観の変容は、実習中のカンファレンスによるところが大きく、保育の質はそれによって高められていた。
掲載誌:『日本保育学会第68回大会発表要旨集』