マツオ シンゴ   MATSUO, Shingo
  松尾 真吾
健康科学部 リハビリテーション学科
助教
発表年月日 2013/05
発表テーマ ラット前肢の繰り返しリーチ把握動作は握力を低下させる
発表学会名 第48回日本理学療法学術大会
主催者 日本理学療法学術大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 名古屋国際会議場(愛知県)
発表者・共同発表者 ◎藤原光宏,林 和寛,井上貴行,松尾真吾,鈴木重行
概要 ラットを対象に,前肢リーチ把握動作の繰り返しによる握力の経時的変化について検討した。結果, 6週間の課題実施後にりーチ側の握力が有意に低下し,作業関連性筋骨格系障害モデルラットを作製することができた。
発表雑誌:『日本理学療法学術大会オンライン版抄録集2013』0-A基礎-150