マツオ シンゴ   MATSUO, Shingo
  松尾 真吾
健康科学部 リハビリテーション学科
助教
発表年月日 2011/11
発表テーマ ストレッチング時間の違いが他動的トルク, stiffness,可動性に与える影響
発表学会名 第7回日本ペインリリース研究会学術大会
主催者 日本ペインリリース研究会学術大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 首都大東京 荒川キャンパス(東京都)
発表者・共同発表者 松尾真吾,鈴木重行,岩田全広,坂野裕洋,浅井友詞
概要 健常者を対象に,ストレッチングを 20, 60, 180, 300秒行った。結果,全ての時間において,静的トノレクは有意に低下し, ROM およびピークトルク値は有意に増大した。一方,Stiffnessは、 180 および 300秒において有意に低下した。
発表雑誌:『第7回日本ペインリリース研究会学術大会抄録集』p1