タナカ マサヒロ   TANAKA, Masahiro
  田中 将裕
健康科学部 リハビリテーション学科
助教
発表年月日 2014/06
発表テーマ Neural mechanism of eating action: Clinical application for severe dementia
発表学会名 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 2014
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 ◎Kaori Yamaguchi, Kimmihiro Nakamura, Go Igarashi, Masahiro Tanaka, Yasoichi Nakajima
概要 食事の自己摂取が困難な重度認知症者の①摂食具(箸)によって神経筋活動の興奮性が誘発されるか、②どのような声かけや介助が自発的な食事摂取に有効かを調査した。摂食具によってTMSの誘発電位と関節運動の増加を認め、声掛け(摂食の励まし)、食具を持たせる、徒手介助において、食具を持たせた時最も自発的な運動が観察された。