イシイ トモヤ   ISHII, Tomoya
  石井 智也
スポーツ科学部 スポーツ科学科
助教
発表年月日 2013/03
発表テーマ 1920年代の東京市における教育救済事業に関する歴史的研究 -関東大震災と震災復興事業を中心に-
発表学会名 一般社団法人日本社会福祉学会 2012年度関東部会研究集会
主催者 一般社団法人日本社会福祉学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 大正大学巣鴨キャンパス
発表者・共同発表者 石井智也、石川衣紀、髙橋智
概要 東京市政は関東大震災の大打撃を受けたあとも、後藤新平による復興計画の一環として、教育救済事業を継続して学校教育の近代化に取り組んだ。関東大震災下の社会混乱のために、児童の生活・学習上の困難が表面化するとともに、行政による積極的な介入が必要となり、東京市は復興事業を通して、教育の近代化を図り、その核に教育救済事業を据えたのである。とりわけ東京市における特別学級編制の促進は、震災下の貧困問題の深刻化や不良少年等の増加などの社会問題も踏まえて、児童の多様な学習・生活上の困難の解決をめざすものであった。本研究では、1923年の関東大震災をメルクマールとして、その前後の東京市による教育救済事業の実態を検討した。
掲載誌:『一般社団法人日本社会福祉学会2012年度関東部会研究集会抄録集』pp.72-73